センゴク権兵衛の第147話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月19日発売のヤングマガジン38号、最新話!

センゴク権兵衛【147話】のネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでヤングマガジンの33号を無料で購入できますよ。

\センゴク権兵衛の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

前回のあらすじ

堅牢なる早川虎口を攻めるため、物頭達と作戦を練る権兵衛。

北条家の城の仕組みから、別の出入り口を利用することによる「付け入り」を採用する。

それは今までの膨大な試し合戦から権兵衛が対に思い付いた小田原城の攻略法であった。

しかしそのためには死をも厭わぬ特攻部隊が必要――そこに志願したのは高野山からの友・無用ノ介であった。

大将としての自分と友人としての自分で葛藤する中、権兵衛はただ「励め」と言う言葉を彼に贈る。

そしていよいよ突撃の太鼓が打ち鳴らされるのであった!

センゴク権兵衛【147話】ネタバレ!

大手門への攻撃・かつ敵の奇襲部隊の誘い出し。

まんまと誘い出せたならば迎撃からの突き入り――。

作戦を確認する権兵衛。

「進め進め進め進めぇ!」

太鼓と共に威勢のよい掛け声で権兵衛隊は攻め上がっていく!

まさかの突撃に動揺する北条方百人組頭・須田伊那介。

一方、守将・笠原政晴は冷静に大筒の配備を確認していた。

「大手前に水堀っ」

権兵衛隊が叫ぶ。鎧をつけたままではこの大きな堀は突破できない。

どこかに橋があるはずだ。木橋か、土橋か――。

次々と射掛けられる矢をどうにか盾で防ぎながら、木橋を見つける権兵衛隊。

北条方も発見されたことに気づき、笠原に橋落としの下知を願う。

落とさねば堀を超えて権兵衛たちが攻め上って来るからだ。

しかし、笠原の選択は橋番と外桝兵の撤退。

即ち権兵衛部隊の大手への引き込みであった。

これは笠原から、北条からの挑戦状である

「招かれましたな!」

部隊に声を掛けられる権兵衛。勿論それは承知の上である。

タダで通すはずがない。向かった先には奇襲部隊が待ち受けているだろうことも。

それでも権兵衛隊は突き進む。

途中、大筒を櫓に発見する覆面男。盾では防げないが、狙撃をするには遠い。

撃つ気配がしたら知らせると覆面男は言うが、権兵衛は手盾を構えながら部隊に号令を下す。

大手の櫓に大筒が一門ある、という権兵衛の言葉に動揺する兵士たち。

しかし権兵衛は高価な大筒で雑兵は狙い撃たないと豪快に笑う。

狙ってくるのは大将である自分であると。しかし今までかいくぐってきた戦場の経験からして、自分には当たらないとうそぶく。その間にも弾丸が手盾に弾かれるが、権兵衛に動揺はない。

 

その権兵衛の鈴の羽織を目印に狙いを定める北条方。

気配を察した権兵衛は全員に離れるように指示。

間一髪、砲弾は頭をかすめるものの、全員が負傷せずに済んだ。

大将も早く盾の中へ!そう兵士たちにせかされながらも、腰が抜けたんじゃ、とうそぶく。

「大筒に比べりゃ矢鉄砲は恐るるに足らんじゃろが!」

そういって兵を焚きつける権兵衛。

木槌部隊にも奇襲部隊がこのまま現れなければ城門を壊すように指示を出すが、本来の作戦では奇襲部隊を誘い出し、その尻を追いかける算段。「攻めるフリ」でいる木槌部隊の盾はもはや限界を迎えようとしていた。

「津田殿ッ」

弓兄弟が覆面男へ声をかける。暫く逡巡するが、観念したように、

「まあいい、なんだ」

と答える覆面男。そう、かれこそはかつて権兵衛が大名であったときに使えていた津田妙算、通称ソバカス太郎だったのである。

弓兄弟の提案は自分たちが櫓に射掛けるのでその隙に狙撃をしろ、というものであった。

「弓兄弟!お前らが他家行かんでよかったぜ」

旧交を温めるでもなく、しかしその言葉に全幅の信頼を込めた覆面男、いや津田の言葉に、

貴殿と同じく人見知り故!

ユーモアを交えて返す弓兄弟。

いよいよ完全なる相手の射程圏内。文字通り決死の戦いの最前線が迫ってきていた。

スポンサードリンク



センゴク権兵衛の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

センゴク権兵衛の最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングマガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT ヤングマガジン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングマガジン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングマガジン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ヤングマガジン」を今すぐ無料で読む!