20197月9日発売の別冊少年マガジン2019年8月号で、進撃の巨人の第119話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月9日に発売された別冊少年マガジン2019年8月号に掲載!

進撃の巨人の最新話!第119話「兄と弟」のネタバレと感想!

>>進撃の巨人のネタバレ一覧はこちら<<
>>進撃の巨人の単行本を無料で読む方法<<

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\進撃の巨人の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

進撃の巨人第119話「兄と弟」のあらすじとネタバレ

シガンシナ区の大門の前に、撃ち落されて倒れている獣の巨人。

そこを目指して進撃するエレン。

彼らが接触し、始祖の力を使おうとしていることをしったライナーは、戦慄する。

「この世で一番それを持っちゃいけねぇのは、エレン…お前だ」と確信しながら、傷ついた体を押してエレンを追うライナー。

戦いは終末に近づいていた。

エレンがジークにたどり着く前に、エレンの足に追いすがれたポルコ。

エレンは心底うざったそうに、うなじを執拗に潰す。

ドッッオオオオオ!!!

そこに車力の巨人が遠距離からの射撃で援護する。

「始祖に命中!! 動きが止まりました!!」

マガト隊長「よし…!! 獣にもう一発だ!!」

フロック「撃たせるな!」

もう一発と、車力の巨人がジークを撃とうとした時、エレン派達が射撃を阻止する。

一方、ミカサ達は至る所にいるマーレ兵に足止めされており、思うようにエレンの近くにたど着けずにいた。

ミカサ「まずマーレ兵を何とかしないと」

その時、ピクシス司令が兵を連れて、叫びながら馬で駆けていった。

ピクシス「周り込め!! 敵兵の背後を捉えよ!!」

ピクシスの的確な指令を受け、アルミン達も敵の背後に周り込もうとする。

戦線は各地で繰り広げられており、何が起きるかさっぱりわからない、超乱戦であった。

 

ジーク「地面に…落ちて… 撃たれた…のか…」

ここで気を失っていた獣の巨人が意識を取り戻す。

しかし、本体が酷く負傷しており、当分動けそうにない。

辛うじて動かしたジークの視界に、ライナーと戦うエレンの姿があった。

ライナー「起きろポルコ!! あと少しだ!! 力を振り絞れ!!」

エレンを馬乗りで押さえつけているライナーは、ボロボロのポルコに手を伸ばす。

その瞬間、巨人の力を通じてポルコに、ある記憶が流れ込んできた。

マルセルが弟を守るために、軍に印象操作をしていたことを、ライナーに告白した、あの時の記憶だ。

この時、ポルコは何を思ったのか…。

 

ライナーがエレンに苦戦していると、ジークが体を起こせるほどに回復し、巨人を呼ぼうとする。

ジーク「エレン…今…巨人を呼ぶ…!!」

「待て!待ってくれ!」

その時、巨人の戦いの中に二人の人間が乱入してきた。

ファルコとコルトだ。

コルト「ファルコがあんたの脊髄液を口にしてしまったんだ!! 叫ばないでくれ!! ジークさん!!」

苦悩の表情を浮かべるライナーとジーク。

コルトはジークに、あんは子供を巻き込んで平気な人間ではなかったはずだと訴え、ファルコだけは巻き込まないでくれと懇願する。

コルト「ファルコが叫びの効果がある範囲から出るまで待ってほしいんだ!!」

ジーク「コルト…弟を思う気持ちはよくわかる」

ジーク「だから…残念だ」

一瞬ためらった後、ジークは叫びを発動させる。

ガビ「ファルコ!!」

各地で、ジークの脊髄液を呑んだ人間が、一斉に無垢の巨人となった。

ファルコも、兄を消し飛ばし巨人となっていた。

ジーク「…やれ…ファルコ ライナーをやれ!!」

ライナーに向かっていくファルコ。

2対1という状況と、相手がファルコということもあり、ライナーは攻撃をためらってしまう。

そのすきにエレンはライナーから離れ、ジークの下に駆ける。

うなじを噛まれながらも、エレンの足を必死に掴み、止めるライナー。

その時!

 

ドォッッオオオ!!!

その一瞬のスキのおかげで車力の巨人が獣の巨人の頭を射抜いた。

車力の巨人を止めていたエレン派の兵は壊滅したようだ。

マガト隊長「ひとまず危機は去った… 残るは始祖のみ」

エレンの頭を吹き飛ばそうと狙いを定める。

不意に車力の背後からミカサとアルミンが現れ、雷槍で狙撃を止める。

アルミン「あと少し…遅かった…」

ピーク「もう終わった!! あなた達は終わったの!!」

 

獣の巨人は煙を立てて、動く気配は一切なかった。

ライナー(終わった…のか…?)

ライナー(俺達は…務めを果たした)

ライナー(もう…任せても…いいよな?)

ライナーは鎧の巨人をうなじを噛んでいるファルコに渡して、人生に幕を閉じようとしていた。

ライナー(ガビ…ファルコだけなら帰してやれる…鎧を引き継ぐのはファルコだ)

うなじの硬質化を解き、ファルコに鎧の巨人を継承させようとしたとき…

 

何故かファルコは攻撃をやめた。

 

ライナーが視線を後ろに向けると、人間状態のポルコが立っていた。

ポルコ「体を治す力も…使い果たし…ちまった」

ポルコの方に一直線に走るファルコ。

ライナー「ポルコォォォ!!」

ポルコ「兄貴の…記憶を見たぞ 軍を騙してまでドベお前を戦士にした…俺を…守る…ために」

ポルコ「これで…はっきりしたよな 最後まで俺の方が上だって」

 

凄まじい轟音。

ファルコを助けるために、ポルコはその身を投げ出したのだ。

 

ライナー「オォオオオオアアアアアアアアアアアアア」

死にかけていたライナーの魂は再び燃え上がり、ライナーはエレンの頭を叩き潰した。

仕留めたかと思うほどの大量の出血。

だが、エレンは頭を硬質化し、ライナーの動きを封じ込めた。

その内に巨人化を解き、生身のまま獣の巨人の死体まで走るエレン。

ライナー(まさか…)

ライナーが獣の巨人をみると、生身の状態になったジークが獣の巨人の死体に隠れていた。

ジーク「ピークちゃんのマネだけど…死んだふり作戦は大成功…あと少しだ…エレン」

バキバキバキ!

雄たけびを上げながら巨人の死体から手を引き抜き、エレンに手を伸ばすライナー。

間一髪、ジャンとコニーの雷槍がライナーの手を貫く!

ジーク「来いエレン!!」

後数歩で、念願が叶う!

必死に走るエレン!

遮るものは何もない!

後、1歩!

 

ガビの放った弾丸が、エレンの首を貫く。

エレンの首は弾け飛び、ジークは表情を絶望に染めた。

 

▽次回の進撃の巨人【第120話】のネタバレはこちら▽

進撃の巨人【第120話】「刹那」のネタバレ・感想!始祖ユミルと父親の記憶

スポンサードリンク



進撃の巨人の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

進撃の巨人の最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or別冊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

進撃の巨人119話「兄と弟」の感想・見どころ

やっぱ諌山さん天才だな。

読み終わった時、自然とつぶやいてしまいました。

衝撃的な結末すぎる、面白過ぎる、先が気になりすぎる!!

この先を予測できる人は果たしているのでしょうか、いやいない(反語)

見どころは、全部ですね。

文句なし神回!

特に私は、タイトルがいいなと思いました。

兄と弟は二組のことを指してると思うんですよね。

ジークとエレンのことと、ポルコとマルセルのことです。

ダブルミーニングでこのタイトルを付けるのはセンスいいなって思いました!

ガビの行動がどんな結末を呼び寄せるのか。

これで戦況はどうなってしまうのか。

細かい所だと、ミカサはどうなってしまうのか気になりますね。

次回を楽しみにしましょう!!