2019年9月9日発売の別冊少年マガジン2019年10月号で、進撃の巨人の第121話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年9月9日に発売された別冊少年マガジン2019年10月号に掲載!

進撃の巨人の最新話!第121話「未来の記憶」のネタバレと感想!

▷前回の進撃の巨人【第120話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>進撃の巨人のネタバレ一覧はこちら!

\進撃の巨人の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

進撃の巨人第120話「刹那」のあらすじ

前回全ての道が交わる座標で、ジークに一杯食わされて、自由を失ってしまったエレン。

ジークはエレンが父親に洗脳されていると信じ込み、始祖の力で父の記憶をリプレイしだす。

しかし、そこにいた父は復権派の犬などではなく、ただ子供を愛する人だった。

さらに、ジークのことも気にかけるような言動をしており、ジークも動揺が隠せなくなる。

この記憶の先に待っているものとは?

進撃の巨人第121話「未来の記憶」とネタバレ

グリシャは洗脳などしていなかった

ジーク「お前は、もう9歳になるな」

記憶の中で、父親に愛されて自由に育つエレンを見て、ジークは洗脳などされていなかったと認めざるおえなかった。

ジーク「だとしたら…なぜおまえは俺を裏切った? 父親に何も知らされぬまま巨人を継承させられ、父親の望み通り戦い続けている」

ジークは、エレンが始祖の力を使って、何をするのかを聞いた。

エレン「オレは…生まれた時から、オレのままだ」

記憶は、エレンとミカサが3人組の暴漢を殺したシーンになった。

エレン「オレとあんたが同じだと思ってたようだが…間違ってる」

エレン「他人から自由を奪われるくらいなら、オレはそいつから自由を奪う」

エレン「父親がオレをそうしたわけじゃない オレは生まれたときからこうだった…」

ジーク「生まれた時から?」

エレン「あんたが望んだ哀れな弟はどこにもいない アンタの心の傷を分かち合う都合のいい弟も」

エレン「ただここに居るのは、父親の望んだエルディアの復権を否定し続けることでしか自分自身を肯定できない男…死んだ父親にとらわれたままの哀れな男だ」

そういって、ジークの人生自体を鼻で笑うような言動をとるエレン。

ジーク「だとしたら…男は父親に感謝している この父親の行いが息子を目覚めさせ、エルディアの危機から世界を救うのだから」

ジーク「ある意味世界を救ったのはこの父親だ 皮肉な話だと思わないか?」

ジークは、自分の行いに一切後悔はなく、安楽死計画を実行する気満々だった。

そして、エレンの考えを改めさせることも諦めてはいなかった。

運命のあの日とグリシャの選択

そして、父の記憶の時は流れエレンが調査兵団に入りたいとうところまでやってきた。

グリシャは覚悟を決め、壁の王たちが隠れ住むあの場所までやってきた。

壁を攻めてきた巨人を殺してもらい、妻と子供を守るために。

エレンがかつて見た記憶であったが、ジークは見るのは初めてだった、

壁の王は頑なに、世界の怒りを受け入れて、エルディア人が死ぬ未来を受け入れようとしていた。

説得に応じない彼女相手に、すさまじい量の汗をかくグリシャ。

そして…グリシャは現在のエレンを横目で見た

増悪にあふれたような目で壁の王を見る、彼を。

ジーク「…エレン?」

これはグリシャの記憶を覗き見ているのであって、その時その場所にエレンはいない。

にもかかわらず、グリシャはエレンを認識しているような動きをした。

壁の王「私を説得しようなど無駄なことです そして…私から始祖の巨人を奪ったとしてもあなたでは――」

グリシャ「わかっている 私が始祖の力を使えないことは…」

ジーク「…!?」

壁の王「…え?」

グリシャ「九つの巨人にはそれぞれの特性がある… 私に宿る進撃の巨人にも」

グリシャ「かねてより進撃の巨人の継承者は何物にも従うことがなかった 私にはその理由がわかる」

グリシャ「すべては王の独善に抗うため… この時のために皆がこの記憶に導かれた…」

グリシャ「進撃の巨人は未来の継承者の記憶をも覗き見ることができる… つまり未来をすることが可能なのだ」

ジークも、壁の王も知らない進撃の巨人の特性に、動揺が隠せなかった。

グリシャ「私はここtで始祖を食らい、王家の血をここで絶やす」

グリシャ「…そういう未来だと決まっている」

震える手でメスを持ち、巨人の力を発動させようとするグリシャ。

だが…彼は膝から崩れ落ち、力なくうなだれてしまう。

グリシャ「できない…私に…子供を殺すなど…私は…人を救う、医者だ…」

ジーク「…馬鹿な… グリシャは確かに始祖を奪い…この一家を虐殺した…はずだ… 過去がかわる…わけが…ない」

かなりのショックを受けているジークだったが、ここからさらに驚くべきことが起きてしまう。

過去に干渉する進撃の巨人継承者、エレン

一家はグリシャを巨人の力で殺すようにはやし立てる。

それでもグリシャは力なくうなだれるだけだった。

エレン「何をしている 立てよ父さん」

そこに、ただの観測者であるはずのエレンが過去の記憶の父に話しかけ始める。

エレン「忘れたのか? 何をしにここに来たのか? 犬に食われた妹に報いるためだろ?」

エレン「復権派の仲間に、ダイナに、クルーガーに、報いるために進み続けるんだ 死んでも、死んだ後も」

グリシャは突き動かされたようにメスを握り直し、思いきり腕に突き立てる。

エレン「これは、父さんが始めた物語だろ」

 

グリシャは隠れ家から這い出るようにでてきて、せぐりあげるように慟哭した。

グリシャ「殺した…小さな子も…潰した…この手で…感触も…」

そして、歯を食いしばると、夜空に向かって叫んだ。

グリシャ「エレン!! レイス家を殺したぞ!! 父親以外は…これでいいのか!? これでよかったのか!?」

グリシャ「エルディアはこれで…本当に救われるのか!?」

先ほどのように、かえってくる言葉はなかった。

グリシャはエレンに未来の一部を見せられており、それに沿って行動したのだった。

グリシャ「なぜ…すべてを見せてくれないんだ…壁が…壊されることを…壊される日を…カルラの安否を…」

グリシャ「本当に…これしか…道はなかったのか…?」

まだ後悔に苛まれるグリシャは、再び視線を地面へと落とした。

グリシャ「そこに…いるんだろ? …ジーク…」

グリシャ「この先…お前の望みは叶わない… 叶うのは…エレンの望みだ」

ジーク「…何を…何を言っている」

過去と現在が急に交わった、理解の範疇を超えた現象がジークの目の前で起こっていた。

ジーク「エレンの…先の記憶を見た…しかし、まさかあんな…恐ろしいことになるとは…」

そういって顔を上げたグリシャは、ジークと目が合った。

グリシャ「ジーク…!? お前…なのか…!? …大きく、なったな」

ジークは先ほどから、目を見開いてただただ驚くばかりだった。

グリシャ「すまない…私はひどい父親だった… お前にずっと…辛い思いをさせた」

グリシャはジークを抱きしめた。

グリシャ「ジーク…お前を愛している もっと…一緒に遊んでやればよかったのに…」

ジーク「…父さん」

滝のような涙を流しながらそういうグリシャを、ジークは受け入れた。

グリシャ「ジーク…エレンを…止めてくれ」

 

記憶の旅の終わりと、エレン

ジーク「お前が…父さんを…壁の王や世界と戦うように、仕向けた…のか?」

現実に戻ってきたジークは、絶え絶えにエレンに問いかける。

エレンは鎖につながれたまま、なお冷たい顔をしていた。

ジーク「進撃の巨人に…本当に時を超える能力があるのなら…都合のいい記憶だけをグリシャに見せて過去に影響を与えることも可能なはず…」

グリシャは始祖の力を自分が使えないことを知っていたにも関わらず、始祖を奪いエレンにたくした。

エレンがもっと先にある何かを、グリシャに見せたからだ。

エレン「感謝しているよ兄さん あんたがオレを親父の記憶に連れ込んだおかげで今の道がある

ジーク「…俺の望みではなく お前の望みが叶うって…言ってたぞ」

エレン「…ああ」

エレン「あれを見たのは4年前…オレは親父の記憶から未来の自分の記憶をみた あの景色を…」

4年前の、王家の血を引いたクリスタと接触した日にエレンは、未来の景色をしったのだ。

ジーク「始祖ユミル!! すべてのユミルの民から生殖能力を奪え!!」

エレン「ッ…!! 座標に…!!」

ジークは頑なにエレンを救うと言っていたが、それは不可能だと悟り、安楽死計画を実行にうつした。

ジーク「グリシャは…俺にこう言った…エレンを止めてくれと お前に従ったことを後悔した」

ジーク「父親の記憶からどんな未来の景色を見たのか知らないが…お前はすべてを見たわけじゃないんだろ?」

ジーク「例えばお前がここで始祖の力が使えないことをしらなかったように お前は無力なままだ」

エレン「あぁあああ!!!!」

エレンは鎖から指を切ることで脱出し、始祖のほうに駆け出す。

ジーク「…無駄だエレン… 一度動き出した始祖ユミルを止めることなど、この世の何者にもできない」

>>進撃の巨人のネタバレ一覧はこちら!

進撃の巨人の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

進撃の巨人の最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or別冊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

進撃の巨人121話「未来の記憶」の感想・見どころ

タイムリープでもしてないと、伏線回収できないと言われていましたが…こう来ますか!! すっげ!

進撃の巨人の継承者が、何故かアルミンやミカサのことを知っていた理由も説明できるようになってしまいましたね。

記憶をすべて任意で見れるわけではなさそうですが、エレンにはこれから始祖ユミルを止める手立てを持っているのでしょうか?

そして、エレンのみた光景とは?

私の予想としては、エルディア人以外が滅びた世界を見たのではと思うのですが、正直ここまで来るとなにがあるかわかりません。

次回を心待ちにしましょう。