執事たちの沈黙【第 37 話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介しますね♪

2019年7月24日発売のCheese!9月号、最新話!

執事たちの沈黙【第37話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

\執事たちの沈黙の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

【執事たちの沈黙】前回のあらすじ

物置部屋を掃除していた和巳ですが、椿がそれを邪魔しにやってきます。じゃれあっているうちに、物置の道具が崩れて和巳の頭に当たってしまいました。

意識を失った和巳に慌てた椿は、薫に連絡を呼び出します。2人が兄弟だということを知らずに・・・。

目が覚めた和巳の前に現れた薫に動揺し・・・!?

執事たちの沈黙【37話】ネタバレ

ついにバッティングしてしまった、椿・和巳・薫の3者。

椿「どうして和巳が角砂糖カオル先生のことを知っているの?」

和巳「角砂糖・・・カオル?」

 

薫は物々しい雰囲気をかもし出しながら、「お前には言いそびれていたが・・・」と、懐から名紙を取り出し、実は自分が角砂糖カオルという名で少女漫画を書いていることを伝えます。

名紙からは生臭い香りが漂ってきました。

薫は、はっと何かを思い出し、「そういえば」と、泉川社長へお土産にと北海道の海産物と自身が書いている少女漫画を和巳に手渡します。

 

状況がいまいち読み込めていない椿。

「話戻るけど、先生と和巳はどこでお友達になったの?」

薫「私は義経の兄だ。」

ここでようやく椿は2人が兄弟だということを知って驚きます。

 

椿と薫がわいわいと会話をしている間、和巳は薫が書いている少女漫画を読んでいました。そして、急に椿がしてきたおかしな行動と漫画の内容が一致していることに気がついたのです。

和巳「おまえか~!!」

そのことに気がついた和巳は大激怒!!本を真っ二つに引き裂いてしまいます。

そんな和巳のようすに「気が触れたのか」と心配する薫ですが、「気が触れているのはてめぇだ」とお怒りモード。

和巳「早漏だ浮気だろくでもねぇこと描き散らしやがって!!多大なる悪影響をこれいじょうそこのバカ姫に与えるな!俺は二百万の指輪まで買わされかけたわ!」

 

薫「それは椿くんの彼氏の話だろ。」

和巳の勢いとは正反対に冷静に答える薫。自分のした失態をごまかそうとする和巳ですが、場の読めない椿がすかさず答えます。

椿「義経さんが私の彼氏なんです・・・」

 

その事実を知った薫は、和巳の胸倉を掴み凄んでこういいます「椿くんは未成年だぞ」

和巳は面倒くさいとあしらって、一旦椿を部屋へ戻します。

椿はどうして薫が怒っているのか分からない様子で少し落ち込んでいるようでした。

そんな椿に和巳はでこピンをして「いい子で待ってろ。バーカ」と部屋を去っていくのでした。

 

そして、再びリビングに戻ってくると、そこには薫と泉川社長が2人でお酒を飲んでいます。

薫「泉川社長、先ほどの話義経にもされたほうがよいかと・・・」

 

最新話や最新刊を無料で読む方法

U-NEXT 単行本1巻orCheese!1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orCheese!3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻orCheese!1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTで登録と同時にポイントがもらえるので今すぐ無料で読めます!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「執事たちの沈黙」を今すぐ無料で読む!

執事たちの沈黙【37話】考察・感想

ついにバッティングしてしまった3人。普段頭の切れる和巳ですが、今まで椿にされてきた仕打ちが、薫の漫画の影響だとしって切れてしまい、ついうっかりボロをだしてしまいましたね(笑)

必死にごまかそうとする和巳の空気を全然読まない、ちょっと・・いやかなりおバカな椿が、サラリとこの関係を打ち明けてしまうシーンには思わず笑ってしまいました。

そして、一旦部屋に戻されてからも、薫が和巳に怒っていた理由を分かっていないという、世間知らずっぷり。

 

部屋から戻った和巳の目の前には泉川社長と、事情をしる薫が2人きりになっていましたね。果たして薫は2人の事情を泉川社長に話してしまったのでしょうか?漫画でお楽しみください♪