20198月21日発売の週刊少年マガジン38号で、それでも歩は寄せてくるの第24話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月21日に発売された週刊少年マガジン38号に掲載!

それでも歩は寄せてくるの最新話!第24話のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\それでも歩は寄せてくるの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

それでも歩は寄せてくる【第24話】のあらすじとネタバレ

歩「センパイ実は、新入部員を見つけました 幽霊部員ですが」

うるし「おお!! ということは」

歩「ええ、あと一人で正式に部として認められます」

うるしは、俯いて感に堪えないという風に震えだした。

うるし「ありがとな田中!! 嬉しいぞ」

身を乗り出しながら、満面の笑みを咲かせるうるし。

そんな彼女を、なぜか無表情で見ている歩。

うるし「ん?」

全く返事が返ってこないので、不思議に思ったうるしは歩の顔を覗き込む。

歩「ハッ すみません 一瞬気を失っていました」

うるし「え!? なんで!? 大丈夫!?」

歩「センパイが嬉しいということが、こんなにオレも嬉しいとは…」

うるし「え、えー///」

どうやら歩は嬉しさで脳がオーバーヒートしてしまったらしい。

そんな素直な言葉にいつものように赤面してしまううるし。

歩「何かほかに嬉しくなることはないですか?」

歩「オレ今なら何を犠牲にしてでもセンパイを喜ばせたいですよ」

うるし「えっ!!?」

歩「ほら、何かないですか?」

そう言いがら、うるしににじり寄る歩。

うるし「いや!! 犠牲て! 怖いからヤダ!!」

歩の異常な気迫に押されまくるうるしであった。

 

うるし「それでどんな人なんだ? 新入部員て」

将棋を指しながら話す二人。

歩「オレの幼なじみです ずっと一緒に剣道やってて、まぁライバルってやつでした」

うるし「ほーなるほどそれで幽霊部員なのか 剣道部と掛け持ちで」

歩「いえ 部活はやってないですね」

うるし「ん? じゃあ何か委員会で忙しいとか?」

歩「図書委員ですけど、週に二日くらいだと思います 忙しいとまでは…」

うるし「??家庭の事情…?」

歩「普通の家庭です」

うるし「???バイトしてるとか?」

歩「土日だけですね」

うるし「????しょ…将棋がキライ…?」

歩「そんなことないと思います」

うるし「なんで幽霊部員なの」

タケルには、一緒に帰りたい女の子がいることと、歩としても幽霊部員でいて欲しい事。

そんなことを言えるわけもなく、誤魔化す歩。

歩「いろいろありまして、まぁとにかく幽霊部員です」

うるし「そっかぁ しょうがないな…」

うるし「たまにでも来てくれたら嬉しいけどなぁ」

嬉しいけどなぁ…。

けどなぁ…。

けどなぁ…。

歩(センパイが嬉しい)

うるし「いやでも見つけてきてくれただけでありがとなー」

うるしの言葉は、もはや歩には届かず、使命感だけが歩を突き動かした。

 

タケル「やはり!! 入部した以上は初日くらいは顔を見せておかないとな!! 男として!!」

歩「タケル!」

男として、部室に向かうタケルを見つける歩。

タケル「止めるんじゃねぇ!! オレの意思は固いぞ」

止めに来たと思っているタケルは、制止を振り切ってでも部室に顔を見せる意思を見せる。

歩「ちょうどよかった 将棋部に来てくれ」

タケル「…? !」

タケル「理解してくれたのか!! オレの男としての!」

歩「いや全然だ」

利害が一致しただけだった。

 

歩「幽霊部員じゃなくなりました」

うるし「え!? 何が犠牲になったの!? 怖い!!」

犠牲になったのは、二人きりの時間…。

スポンサードリンク



それでも歩は寄せてくるの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

それでも歩は寄せてくるの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

それでも歩は寄せてくる 第24話の感想・見どころ

以外にちょろいのは歩の方です。

今回の見どころは、催眠術にでもかかったのかというほどの歩の強引さです。

それほどまでに、うるしの満面の笑みとお礼が嬉しかったんですね。

そんなちょろい二人の空間が、タケルによって失われてしまうのか?

また幽霊部員になってくれるのか?

というより、もう一人の部員は見つかるのか?

次回からの展開に目が離せません。