20198月28日発売の週刊少年マガジン39号で、それでも歩は寄せてくるの第25話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月28日に発売された週刊少年マガジン39号に掲載!

それでも歩は寄せてくるの最新話!第25話のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\それでも歩は寄せてくるの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

それでも歩は寄せてくる【第25話】のあらすじとネタバレ

歩の幼なじみのタケルが将棋部に入った。

歩は、うるしと二人きりではなくなった悲しさとうるしが喜んでくれた嬉しさでやきもきしてしまう…!

 

歩の嫉妬!

うるし「しかし、角竜タケルってすごい名前だなぁ 将棋めちゃくちゃ強そうじゃないか」

タケル「いやールール知ってるくらいですよ」

うるしとタケルが将棋盤を挟んで話している。

うるし「そういえば幽霊部員て聞いてたけど」

タケル「まぁいろいろあるんですけど、男として来れるときは来ようかなって!!」

まっすぐな男であるタケルは、ちょくちょく部に顔を出すことにしたようだ。

うるし「そっかーいつでも来てくれ」

タケル「うっす」

そんな二人の会話を、歩は一人で将棋の勉強(棋譜を並べる)をしながら聞いていた。

複雑そうな顔で。

タケルが、最初の一手を指した。

うるし「へぇいい音出すなぁ ホントはやってたんじゃないのか~?」

タケル「いやいや」

楽しそうに談笑するタケルに、嫉妬してしまう歩。

歩「センパイ…オレだって…いい音位出せますよ 聞いてください…!!」

力をぐっと入れて、タケルに張り合う。

歩「タケルよりはるかにいい音を!!」ペコ

しかし、鳴ったのは間抜けな音。

歩「く… ポータブル将棋でさえなければ…!!」

磁石でコマと盤がくっつく、あれである。

歩は普段とは違う状況に、だいぶかき乱されていた。

 

センパイが嬉しければ

うるし「へぇーちゃんと城跡も知ってるじゃないか」

タケル「まーこれだけっスけど」

うるしの笑顔を見て、歩はしょうがないな、という微笑みを浮かべる。

タケル「おうすまんな歩 オレのせいであぶれて」

歩「気にするな センパイと指す方がお前のためになるだろう それに…」

歩「オレはセンパイが嬉しそうなら、それでいい」

歩は盤と向き合いながら、さらっといってのけた。

うるし「な…」

タケル「ほー」

あらためてタケルは、歩がうるしに夢中なんだと思いしる。

 

タケル、桜子に連れて帰られる

そんなことを話していると、部屋のドアを開ける音がした。

桜子「トイレ…行くって言って…全然帰ってこないと思ったら…」

タケル「あ」

そこには不機嫌そうな桜子の姿が。

タケル「ちょっと待て!! 今日は男として…」

桜子「帰るよ」

タケル「はい」

タケルはあっという間に催眠にかけられて、桜子に連れられて出ていったしまった。

うるし「え!? 今の何!?」

歩「催眠術ですね」

うるし「え!?」

一瞬の出来事に、うるしは呆然とするほかなかった。

 

結局、二人

うるし「結局二人かー また来てくれるかなー」

歩「きっと来ますよ」

困ったように笑ううるしに、歩は返す。

歩「それより…センパイ… 少し褒めすぎてませんでしたか」

うるし「ん?」

歩が言った言葉から、うるしは歩がヤキモチをやいていたこと知る。

うるし「なんだー? もしかして、ちょっと妬いてたのか?」

ニヤニヤしながら、問い詰めるうるし。

歩「さぁ…」

パシィィン!!

うるし「うわっ!! これ見よがしにいい音!!」

歩は冷静を装いながら、タケルに張り合うのだった。

スポンサードリンク



それでも歩は寄せてくるの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

それでも歩は寄せてくるの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

それでも歩は寄せてくる 第25話の感想・見どころ

おお、まさかタケルがちゃんと部室に来る展開が来るとは…。

絶対に名前だけキャラになると思ってたのですが、こんな絡んでくるとは思いませんでした。

 

さて、今回の見どころは、マジで歩がうるしが嬉しそうならそれでいいと、言い切ったシーンです。

普通、二人だけの空間に他人が入ってくるのって、最高に邪魔だと思うのですが…。

それをちょっとのヤキモチだけに納めた歩は、本当にうるしのために何でもしてあげたいと思うほどに、好きなんだなと思いました。

歩の、うるしの笑顔を見た時の、しょうがないなみたいな顔も、個人的には大好きです。

それでは、次回をお楽しみに。