20198月21日発売の週刊少年サンデー38号で、双亡亭壊すべしの第160話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月21日に発売された週刊少年サンデー38号に掲載!

双亡亭壊すべしの【第160回】のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\双亡亭壊すべしの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回、緑朗は泥努の助けを借りて、双亡亭の外へと脱出することに成功する。

しかし、是光はまだあきらめず緑朗を追いかけてきていた…!

双亡亭壊すべしの【第160話】のあらすじとネタバレ

緑朗「やったァ! 外へ出られた!!」

緑朗の父「緑朗、是光はまだ諦めておらん 油断するな!!」

緑朗は無事、双亡亭から脱出できたが、依然是光の脅威は去っていなかった。

はやく仲間の下に帰らねば!

紅「緑朗…ああ…」

泥努「…紅、座れ モデルを続けろ」

わたわたして緑朗の無事を祈る紅と、さきほど緑朗を助けたことなど、なかったかのようにあっけらかんと告げる泥努。

しの「泥努、何故緑朗を逃がした? おまえはあの精神体を取れたと言ったのに…」

泥努の行動がまるで理解できずに、しのは泥努に問いかけた。

泥努「…それが、どうした…」

しばらく考えてから泥努は、そう答えた。

泥努「紅がここにいると約束したからな…あの弟には用がなくなった… それだけの話だ」

しの「……そうか…」

 

緑朗(このヒモの先に僕のカラダがある! 早く本体に戻ってみんなに知らせないといけないんだ!)

緑朗(タコハさんだけが、泥努の描いた絵を壊せるんだ!!)

緑朗の父「緑朗、気をつけろ!! その紐を切られたら本体に戻れなくなるぞ!!」

是光はしつこく緑朗に迫ってきており、今は緑朗の本体と霊体を繋ぐヒモを切りにかかっていた。

さらに……。

ドゴッ!!

激しい破裂音とともに、緑朗の近くの双亡亭の壁が爆発する。

応尽「霊体のガキィ! 結界から出ただけで、この五頭応尽サマから逃げられると思ったかよ!」

先ほどの余裕も消え失せ、必死に緑朗を追う応尽がそこにいた。

まさかの二人がかりに、緑朗、大ピンチ!!

 

タコハ「何か…近づいてる……?」

双亡亭に乗り込んだ一行は、遠くから聞こえる轟音に警戒を強める。

緑朗は確かに、タコハ達に近づいていた。

 

応尽「己等の爆砕念から逃げられた幽霊はいねぇんだよ! 是光、まずこいつのヒモを切っちまいな!」

斬!

応尽の念によって体勢が崩れた緑朗に、是光の扇による斬撃が襲い掛かる!

緑朗(あ…あ…もう…ダメだ~~!)

緑朗の父「緑朗、まだだ~!!」

ヒモに大きな切り込みが入ったが、間一髪まだ完全には切れてはいなかった。

応尽「おっと、まだ切れてねぇ! ははは是光もう一丁!」

それも一時の幸運だとばかりに、是光の攻撃が迫る。

緑朗「うわあああ!!」

その時!

是光の攻撃を止める者が!

青一「ラクロニ、ナニヲスル」

ドゴォン!

緑朗のピンチに駆けつけた青一は、凄まじい音を伴う強烈な蹴りで、是光を吹き飛ばした。

緑朗「せ…青一くん…」

応尽「ちっ! 邪魔が入ったが、あの紐を念で斬ってやりゃ…」

構える応尽を、強力な火焔と電撃が襲う。

応尽「うお!!」

これを何とかはじく応尽。

不意打ちを狙う応尽の方にも、仲間たちが向かっていたのだ。

「五頭応尽! 好きにはさせぬぞ!」

トラヴィス、マーグ老夫婦、宿木、残花、帰黒が並び立ち、応尽に立ち向かう。

応尽「糞雑魚どもかよ!」

スポンサードリンク



双亡亭壊すべしの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

双亡亭壊すべしの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年サンデーは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年サンデー2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年サンデー5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年サンデー3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

双亡亭壊すべし 【第160話】の感想・見どころ

緑朗、無事生還(2回目)

今回の見どころはやはり、最後まで気の抜けない緑朗の脱出劇です。

双亡亭の外まで追いかけてくるなんて、是光はしつこすぎですね…。

加えて応尽も攻撃してくるし。

しかし、それだけ余裕がないということです。

仲間たちとの合流も果たしましたし、今流れは確実に侵入者組にありますね。

このまま応尽を倒すことが出来れば、最高なのですが、はてさてどうなることでしょう。

装備を一新したことですし、前回のようにはならないとは思いますが、応尽はまだ底が知れません、

この先どんな壮絶な戦いになるのか、見ものですね。

それでは、また次回にお会いしましょう。