東京卍リベンジャーズ122話のあらすじ・ネタバレをご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月21日に発売の週刊少年マガジン38号、最新話!

東京卍リベンジャーズ第122話のあらすじ・ネタバレをまとめました!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\東京卍リベンジャーズの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回の東京卍リベンジャーズ【第121話】のあらすじ

過去に戻ってから、マイキーを超えると誓ったタケミチ。

ザーッと雨が降っていましたが、タケミチが誓うと気づけば雨は止んでいましたね。

 

ありがとな、千冬というタケミチはなんか吹っ切れた、と言っています。

 

マイキーは強いから誰も本気でぶつからない、その千冬の言葉が刺さったようでタケミチは何もできないと思い込んでいたようです。

でもそうじゃない、あの人は仲間なんだとタケミチは確信するんですよね。

 

苦しんでいるのであれば全力で支えて、間違えてるのなら本気でぶつかる、とタケミチは新たに誓いました。

そうして「俺はマイキーくんとそういう仲でいたい」とつぶやくタケミチに、千冬もうなづくのでした。

 

場面は変わって銭湯。

 

二人は湯に浸かるために銭湯に来たようですが、だいぶリラックスしていましたね。

実際どうするよ、という千冬に、確かになー、というタケミチ。

 

どっかで抗争でも起きないかなぁといい、そして手柄を上げればみんな納得するだろうと考えるタケミチでしたが、

不謹慎、と答える千冬でした。

 

その後、マイキーはどうしてあんなに変わってしまったのかという話になり、

そういえば稀咲は?というタケミチ。

 

今回一番変わったことといえば、稀咲が東卍を追放されたということなのです。

それって稀咲はマイキーくんち必要だったってことか?!と驚く千冬。

 

んなわけねぇだろ、あんなクズ!という千冬ですが、前の未来では稀咲が闇の全てだったというタケミチ。

マイキーが変わるきっかけには違いない、というタケミチに、確かに稀咲なら何か知ってるかもしれない、という千冬でした。

 

場面はさらに変わります。

稀咲は黒川という横浜天竺の総長に会いに来ていたのです。

なんでうちに入る気になった?と言われています。

 

俺なりのリベンジってとこですかね、という稀咲。

こうして、史上最大にして最後の抗争が始まるのでした。

スポンサードリンク



東京卍リベンジャーズ【第122話】のネタバレ

ドラケン&三ツ谷がバイクを走らせています。

年明け早々にでかい抗争がはじまりそうだ、という三ツ谷。

そしたら暴れるだけよ!というドラケンは嬉しそうにしています。

 

東卍の双龍としてな!というドラケンに、双龍ってという三ツ谷。

懐かしいだろ?というドラケン。

ぽりぽりと頭をかきながら三ツ谷は、初めて会った時のことだろ?といいます。

 

そうそう!と答えるドラケン。

俺が家出した時よく覚えてるよ!と答える三ツ谷。

マイキーと出会うちょっと前だなぁというドラケン。

 

後にも先にもあれだけだもん、家出したの。という三ツ谷は昔を思い出します。

二人は話の流れであそこに行ってみるか、と言います。

あそこ、とは二人にとっては思い出の場所のようでした。

 

もう場所はさすがに潰れてるだろ、という三ツ谷。

その場所に行ってみると、なんと、二人がかつてスプレーで落書きした龍の模様が、まだちゃんと描かれていました。

消されておらず、残っていたのです。

 

さすが薄くはなっていますが、当時のままの模様でした。

ルナやマナを置いて家出した三ツ谷は、二人を心配しながらもこの落書きをスプーンでかいていました。

そこにたまたま居合わせたのがドラケン。

 

すげーなこれ!と感動して話しかけたようでした。

いつからそこに?!と驚く三ツ谷ですが、最初からいたと言います。

カルビ丼食べる?というドラケンは、弁当を三ツ谷に差し出しました。

 

ガキンチョがこんな夜中にふらふら歩いていたら、心配されるぞ?というドラケンにお前もだろという三ツ谷。

あ、全部食ったな!というドラケンにわりぃ朝からなんも食べてなくて、という三ツ谷。

すると、ドラケンはじゃあこの絵は俺のもんな!と言います。

 

カルビ丼と交換な!というドラケン。

三ツ谷はわけがわからないようでした。

ドラケンに言われるがままについていく三ツ谷。

 

えええ!!ここがお前の家?!と驚く三ツ谷。

その店はいわゆる大人の店でした。

なんなんだここは?!という三ツ谷ですが、ドラケンはいつも通りの光景に冷静でした。

 

三ツ谷はドラケンのおかげで、その大人の店で働く女性たちとも仲良くなりました。

ポーカーをすると、三ツ谷の強さに女性たちは驚きました。

勝てば千円、負けたら1時間マッサージをしているのだというドラケン。

 

三ツ谷はここに住みたいな、と思わずいいます。

しかし、三ツ谷の家出事情を聞いた一人の女性が、甘えるな、帰れと言うのでした。

なんだよ急にという三ツ谷でしたが、ドラケンはあいつらもいたくてあんなとこにいるわけじゃねーからな、と答えるのでした。

 

母ちゃんの料理好き?といわれた三ツ谷は、まぁまずいよ、と答えます。

それに対して、いいねと答えるドラケン。

ドラケンはお母さんがいないので、まずいかうまいかもわからないからです。

 

三ツ谷はそんな人もいるのだと、驚きます。

自分が一番不幸なのだと思っていた三ツ谷でしたから、いろいろ感じることがあるようですね。

 

家帰れよ三ツ谷、というドラケン。

妹たちが心配でたまらねぇって顔してる、お前はいいやつだ!というドラケンに三ツ谷は何か見透かされているような気がするのでした。

 

俺は家族を大事にする不良になる!と、ふたたびドラケンの前に現れた三ツ谷は言いました。

その時、頭にはあの時の龍の刺青をしていたのですが、なんと再会したドラケンの頭には同じく龍の刺青が入れてあったのです。

これが、双龍のはじまりでした。

東京卍リベンジャーズの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

東京卍リベンジャーズの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/