2019年10月30日発売の週刊少年マガジン48号で、東京卍リベンジャーズの第132話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201910月30日に発売された週刊少年マガジン48号に掲載!

東京卍リベンジャーズ最新話!第132話「The big baddy」のネタバレと感想!

▷前回の東京卍リベンジャーズ【第130話】のネタバレはこちら!

>>東京卍リベンジャーズのネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\東京卍リベンジャーズの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回までのあらすじ

キサキもタイムリープしているかもしれない、と思い始めたタケミチ。

天竺に入ったキサキ、その天竺と抗争している東卍。

東卍と天竺の抗争がはじまった今、タケミチはあえて一度現代に戻ることにします。

みんな死んじまったな…!

元気してたか?花垣…!!

と、タケミチを睨みつける大寿。

よかったら話せませんか…!?

と、ここぞとばかりにタケミチは話を聞き出そうとします。

そして…?

東京卍リベンジャーズ【第132話】のあらすじとネタバレ

大寿と再会

えっと、こっちが俺の地元の後輩で今警察やってるナオト、

というのはタケミチ。

どうやら大寿に紹介しているようですね。

 

挨拶はいい、ついてこい

という大寿は相変わらずの迫力です。

 

いいか警察に協力する気はねえ

だが俺も八戒のことでトーマンには因縁がある

という大寿。

 

情報交換だ警察の掴んでるものもしりてぇ、今からする話はここだけの話だ。

という大寿は、遠慮せずに食え、俺の店だ、というのでした。

 

で、しりてぇことは黒川イザナとブラックドラゴンについてだったな?と確認する大寿に、はい黒川イザナって天竺の総長だったやつですよね?

というタケミチ。

 

黒川イザナ

そいつがなんでブラックドラゴンの総長になって、さらにトーマンに入ったのかよくわからなくて…というタケミチに、

 

そいつはちょっと違うな

という大寿。

 

え?というタケミチに、順番が違う、まずブラックドラゴンのことから話そうかというのでした。

 

大寿が率いていたのは10代目。

そもそもブラックドラゴンを作ったのは誰か?という大寿。

 

初代ブラックドラゴン総長は、なんと佐野真一郎だというのです。

 

そう、ブラックドラゴンを作ったのはマイキーの実の兄だったのでした。

初代は伝説だったと大寿は言います。

 

そしてその伝説は受け継がれていき、8代目総長黒川イザナがそのバトンを引き継ぎました。

8代目ということは、10代目の大寿よりも前です。

トーマンが結成時に潰したのが9代目であり、8代目ということはトーマンができる前なのです。

 

 

黒川イザナは、大寿よりも2つ年上のS62世代だと言います。

それは、天竺の連中と同じでした。

 

イザナはブラックドラゴンを引退して3年後に天竺をつくり、そこでトーマンともめたそうです。

これを、関東事変というようでした。

 

どっちが勝ったんですか?というタケミチの質問に、お前も知ってるだろ?という大寿ですが、

まぁいい…といって、教えてくれました。

 

長引いた抗争はどっちが勝ったとも言えず、結局は合併する形で終戦したといいます。

 

トップにマイキー、ナンバー2にキサキ、3にイザナ、というその布陣がそこで完成したようでした。

 

キサキの返り咲き

この抗争をきっかけに、結局また一緒のトーマンの形に戻ってしまったことに気づいたタケミチ。

 

でもそうだ、キサキは死んだんだ…とつぶやくタケミチ。

しかし、

本当に死んだのか?という大寿。

 

ナオトは、イザナのことを調べたというと、どうやら警察に顔がきくイザナはもしかしたらキサキを死人にしたのだと言います。

 

つまり、様々な疑いがかけられているキサキを海外に逃し、死体を用意してそれをキサキに偽装したのだというナオト。

だから、キサキは生きているとナオトは言いました。

 

マイキーは死んでしまいましたから、実質今のトーマンのトップは黒川イザナなのです。

 

なんでこんなやつがトップに…というタケミチですが、

マイキーはイザナに龍宮寺以上の絶大な信頼を置いていたと言います。

 

そんなところに、ココとイヌピーがやってきます。

てめぇらなにしにきやがった…?という大寿。

 

黒川の命令でてめえらを拉致しにきた、というココとイヌピー。

 

そして次回に続きます。

 

>>東京卍リベンジャーズのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



東京卍リベンジャーズの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

東京卍リベンジャーズの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でDAYSを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

東京卍リベンジャーズ最新話!第132話「Last but not least」の感想・見どころ

今回はまさかの事実が明らかになりました。

キサキが生きているということで、また一気にきな臭くなってきて面白いですね。

 

イザナはいったい何者なのか、次回あたりそこが描かれてきそうで、楽しみです!