2019年10月10日発売の週刊モーニング45号に掲載予定の宇宙兄弟第345話!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月10日に発売する週刊モーニング45号に掲載予定、最新話!

宇宙兄弟の【第345話】のネタバレと感想は10月10日までお待ちくださいね!!

今回は、前回までのあらすじや今後の展開予想・考察を詳しくご紹介!!

>>宇宙兄弟のネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

宇宙兄弟の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

宇宙兄弟 これまでの話と【第345話】のあらすじ

【エディのホーム】

エディ「そうだなぁ、
最後の最後に慣れ親しんだissに来れたのはラッキーだったな。
地球をじっくり眺める時間も出来たし…
Issで宇宙で最後の仕事ができるってことにも運命を感じてるよ」

ムッタ達も、月がホームだと言えるぐらいになりたいと考えました。

そんなふたりにエディはアドバイスをします。

「でもひとつ…いい仕事を目指すには広さを見渡し狭さを見抜くことだ。」

【帰還とベティ】

エディたちAチームの地球帰還が4日後に決まり、
ベティの体調と転校予測を見てNASAが決定しました。

着地の衝撃に耐えるためには安静にして傷を癒す時間が必要ですが…

同時に、着地の衝撃に耐えられる筋力が残っているうちに帰らせたいというジレンマがありました。

そこでそのバランスを見極めた結果が四日後ということです。

カルロは地球に帰ったら自伝を出すと言って文章を書いているようです。
おそらくカルロム洞窟は俺がみつけた!とポエム調に書いたりするのでしょう。

ベティの手術などネタは豊富なのでおそらく売れると思われます!!

【5ミリの仕事】

びー!びー!びー!びー!!

エディのいる場所でアラートがなり始めました。

ヒューストンに連絡を取り、
毎時0.08psiのペースで滅圧してることからどうするか尋ねると、

issのどこかに穴が空いた可能性があるため問題箇所の特定方法を検討する間待つよう支持されました。

iss管理室が騒然とする中、エディはとても冷静でした。

今日のiss管理室は若者揃いで世代的には知らないと思われますが

以前も同じことがあったソユーズの時と同じだろうとエディは推測したのです!!

PMA1のハッチを閉めることを決めたエディ。

まずは大きく、ハッチを閉めてロシア側とアメリカ側を分けて様子を見ることで、
両側の気圧を比べて滅圧が止まらない方に穴があります。

結果穴があるのはアメリカ側立とわかりました。

そこから先は同じ要領です。

ディスティニーとハーモニーの間を閉じて各モジュールのハッチを閉めて確認を繰り返します。
きぼうとハーモニーの間、きぼう側の滅圧をストップし、オリオンとハーモニーの間を閉鎖。

するとハーモニー側の滅圧が止まりました。

つまり穴があいているのは66オリオンです。

エディはカルロに医療具と一緒にベティをロシアモジュールに行くように指示し、
ノーマンには実験用キットのピンポン玉を取ってくるように指示しました。

そしてヒューストンにこれからオリオンに入って穴を塞いでくることを伝えます。

ヒューストン
「見つけたら穴の直径を計ってください。

ケイトは3dプリンターの準備をしてください。

穴を塞ぐピスを作ります。

滅圧の速度から計算しておそらく穴の直径は3〜10mm ビスの3dデータを転送しておきます」


エディは皆の心配を受けながら穴を塞ぎに向かいました。

カプセル上部右シート側のCMR・02に空いています。

一度テープで仮止めして滅圧が止まるか試して見ました。
穴の直径は5ミリちょうどです。
オリオンの滅圧が止まったため穴がひとつだとわかりました。

過去のミッション記録を見るとソユーズの断熱材をナイフで切り開いて外側からも穴を塞いでいます。
特に帰還時の摩擦を考えると外側からの補習が重要です。

そこで穴を内側と外側の両方から塞ぐ必要があるため船外活動を実施するべく

アンディが向かいました!!

宇宙兄弟【第345話】の考察(本編ネタバレはこの下)

宇宙兄弟【第345話】の展開予想・考察

まずベティですが、

着地の衝撃に耐えるためには安静にして傷を癒す時間が必要ですが…
同時に、着地の衝撃に耐えられる筋力が残っているうちに帰らせたいというジレンマがありました。
そこでそのバランスを見極めた結果が四日後ということです。

とあるので、4日後には今帰るよりはよい状態なんだと思うので心配はいらないとは思うのですが・・・

ここまで問題が続いている状態になるので何かあっても正直おかしくないと思います。

傷の治りが思ったより芳しくなく、たとえ帰還できても後遺症が残る可能性もあるのでは

ないでしょうか・・・

もちろん考えたくはないケースですが最悪の場合死に至るケースもあるかも・・・。

そしてエディの船ではなんと穴が開いてしまいましたね・・・

しかしエディの経験と機転によってなんとかなりそうで本当によかったです。。。

しかし過去のミッション記録を見ると

ソユーズの断熱材をナイフで切り開いて外側からも穴を塞いでいることから
帰還時の摩擦を考えると外側からの補習が重要

穴を内側と外側の両方から塞ぐ必要があるため船外活動をするためにアンディが向かうことに・・・

本当に大丈夫なんでしょうか・・・

エディがいるので多少の安心感はありますが

やはり危険です。

宇宙空間での破片の衝突・・・

破片の弾丸速度は通常の弾丸速度の約10倍に当たります。

また宇宙船から誤って離れてしまう可能性。

宇宙服に穴が開く可能性。

この場合無酸素と減圧により死に至る危険があります。

これだけの危険の可能性があるのです・・・

無事に終わればいいですが物語の都合上何らかの

アクシデントがあってもおかしくないでしょう・・・

しかしその時はエディやヒューストンの皆が助けてくると思います!!

次回も目が離せません!!!

※この続きは10月10日発売の第45号に掲載予定だそうです。

更新、お待ちくださいね!!

宇宙兄弟【345話】のネタバレ

【5mm補修ミッション開始】

オリオン部に空いた穴を特定するため、「エクストボール」がきぼう管制室から放出されます。これを遠隔操作し、先に穴を見つけておくことで船外作業の目印となるのです。

一方船内でもケイトが3Dプリンターで5mm用のビスを準備完了。
予備も用意し、内壁用をエディへ手渡します。

【補修ミッション・内壁】

エディは管制室へ内壁の補修を伝えます。
了解の通信が入ると、仲間が手早く穴の周りに硬化剤を塗布。

エディも慎重に器具を構えます。

わずか5mmの一発勝負。ビスも予備は作ってあるとはいえ、資材は限られており、一刻も早く穴は塞がなくてはなりません。

しかしエディは熟練の手つきで震え一つなく、穴の中心へ狂いなくビスを挿入。
ビスの締まるギュイイッという音が静かに響きます。

【カルロとベティ】

帰還から逆算し、問診の上でベティの抜糸を始めるカルロ。
緊急時であることから気にするベティですが、カルロは人手が足りているから
俺がいると邪魔になる、とのこと。

ベティ「帰れると思う? 私たち……穴の空いたオリオンで……」
カルロ「帰るためにエディたちが穴を完璧に塞いでくれているよ 君の手術穴も俺が完璧に塞いだろ?」

そしてカルロは3日後の帰還がソノラ砂漠ではなく西海岸海上に変更したことを告げます。

海上の方が衝撃が和らぐため、ベティへの負担が少しでも軽減されるためです。

3日後を過ぎると天候悪化により回収船やヘリが飛ばせなくなってしまう……。
この点からも、3日後が帰還の最善のタイミングであるようです。

【補修ミッション・外壁】

JAXAではエクストボールにより外壁の穴の位置を特定していました。
アンディ、ローリーがEVAを開始します。

2人はロボットアームに接続され、ローリーは他に損傷がないか確認、アンディは穴の修復へ向かいます。

アンディ「穴を確認した ドリルで開けたみたいに綺麗に丸い」

エディ「アンディ 内側のビスはガッチリ止め終わったよ そっち側は頼んだぞ」

アンディ「了解 作業を始める」

アンディの手にはエディと同じ工具。今、補修ミッションのバトンが渡されました。

ゆっくりと穴へビスを……

が、分厚い宇宙服での作業ということもあり、穴をわずかにずれてしまいます。

宇宙空間へと流れていくビス……。

ローリーもそれに気づき、焦りますが……。

ガシャッ

ロボットアームから自らの体を解放し、迷いなく宇宙空間へ飛び出し見事極小のビスをその手に取り戻すアンディ。

そのままもう片方の手でオリオンにつかまり、作業スペースに戻ります。
その衝撃で船体が少し揺れ、心配した通信が入りますが、少しも取り乱さず大丈夫だ、問題ないと告げるアンディ。

一部始終を見ていたローリーは「ナイスキャッチ アンディ」という通信に世界一のワークエンペロープ(アクセスできる作業範囲)の広さを発揮した彼を称える気持ちを込めるのでした。

再びロボットアームに接続されたアンディ。

(危ない危ない……宇宙ゴミ(デブリ)を増やすところだった)
(壁に穴を開けたデブリがもしこのサイズだったら……5mmどころじゃすまなかっただろうな)

今度は問題なく穴を塞ぎ、ネジ頭部をカット。硬化剤で固めたのち、周りを平らにします。

何しろ船体はマッハ11で地球に突っ込みますから、わずかな凹凸が命取りになってしまうのです。

穴が開く前より頑丈にしてやる、というアンディ。
さすがのプロフェッショナル、作業後はどこに穴が開いていたのかもわからないほどです。

管制室からは感謝とねぎらいの拍手が起こり、エディもその集中力を称賛するのでした。

せっかくのEVA、ゆっくり地球でも眺めてくれ、という通信に、船体から目を離し、地球へ目を向けるアンディ。

「おお……なんだよ……すごいな……」

クールなアンディが言葉を失うほど、美しい惑星。
美しい母なる星へ帰るために、何度でも、どんな困難でも彼らは乗り越えるのでした……。

>>宇宙兄弟のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



宇宙兄弟の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

宇宙兄弟の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊モーニングは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊モーニング2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊モーニング5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊モーニング2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

宇宙兄弟【第345話】の感想

登場人物たちの緊張が伝わって来るかのような息詰まる回でしたね!

わずか5mm、しかしそれがクルー全ての生死に直結してしまう。
改めて宇宙空間というのは特別な場所なのだと思いました。

エディの熟練の動きの頼もしさ、渋かったですね。アンディへの通信の時も若手にエールを送る余裕を感じられました。

そして宇宙空間というさらに厳しい状況下の中で見事ミッションをこなしたアンディもまたしびれる活躍でしたね!

ビスが一度手元を離れてしまった時はハラハラしましたが……。

その際に躊躇せず命綱ともいえるロボットアームから自分の体を解き放つことが出来る度胸こそが、宇宙飛行士に必要な資質なのでしょうね。