私たちはどうかしている【第50話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介しますね♪

2019年8月30日発売のBE・LOVE10号、最新話!

私たちはどうかしている【第50話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

\私たちはどうかしているの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

私たちはどうかしている 前回のあらすじ

上手く、大旦那に会うことに成功して、自分が樹の娘であること大旦那に伝えた七桜。

それと同時に、大旦那が苦しそうに倒れてしまったところに、樹が登場し・・・!?

私たちはどうかしている【第50話】ネタバレ

大旦那が倒れたそばに七桜がいるところを発見した椿。すぐさま椿は大旦那に救命処置を施します。その騒ぎに、女将もその場に駆けつけるのです。

”絶対に死なせない”そういう思いで救命処置を施したおかげか、大旦那は意識を取り戻しました。それと同時に、火事の一件から会話もまともにできない状態だったのが、回復していました。

女将は七桜が何かしでかしたのかと思ったのか、警察に電話をしようとします。しかし、大旦那がそれを止めて、七桜と2人きりにするように、告げて椿と女将を退出させます。

退出した椿は栞に、火事のときの事実を知らされます。

 

大旦那と2人きりになった七桜。大旦那は、七桜が「さくら」である証拠を求められますが、証拠である書類は、女将に気がつかれ、先ほどビリビリに破られたばかりでした。

大きな証拠を失った七桜ですが、自分で作った御菓子を大旦那に味をみてもらい、自分が「さくら」であることを証明しようとします。

七桜が作った御菓子を食べて、その味から大旦那は樹のことを思い出し、七桜が「さくら」であることを認めたようでした。

そして大旦那は、七桜の母親と樹のことを語りだします。大旦那は樹に思い人がいることを知っていましたが、店のことを思って、樹の相手が誰なのかも知らずに分かれさせ、現在の女将と樹を結婚させたのでした。

そして、2人が亡くなったあと、七桜の母親が光月庵で、樹と一緒に働いていた事実を知ったようです。樹は、大旦那と店のこと、そして愛する人と自分の立場でずいぶん苦しんだだろう、と当時の樹の心情に思いを馳せます。

 

もし、大旦那が2人を別れさせなければ、七桜は幸せな日々を送っていたかもしれないが、自分を許せるのか?と七桜に問うのです。

大旦那にそう問われると、「もし」母親が生きていたら・・・「もし」父親である樹が母親と七桜のそばにいたら・・・そんな幸せな想像が浮かびます。

七桜ー6歳のあの時から夢に描いたいたこと。何度も・・・何度も・・・・。ー

 

七桜「ゆる・・・せません・・・。私は、父と母が大切にしていたこの店がほしいです。この店でお菓子が作りたい。」

挑むような真剣な目で大旦那を見つめる七桜。

 

そして、大旦那は椿のところまで自分を連れて行くように、七桜に依頼します。

椿の前に現れた大旦那と七桜。大旦那は、火事の一件で入院し、意識が朦朧としていた間のことを少し覚えていたようで、椿が毎日お見舞いにやってきたのを覚えていました。

そして、大旦那は、光月庵を引き継ぐのは正式な血筋だけだと2人告げ、心中では、それが本当に正しいことなのか?何よりも守ることなのか?と自問自答をしてから、何かを覚悟したような表情をみせます。

それから、2人にある重大な課題をだして・・・!?

スポンサードリンク



私たちはどうかしているの最新話や最新刊を無料で読む方法

漫画はやっぱり絵と一緒に読んだ方が面白いですよね。

私たちはどうかしているの単行本や掲載雑誌は下記の3つのサービスで無料で読むことができます。

無料期間と無料ポイントで漫画をお楽しみください!

U-NEXT 単行本1巻orBE・LOVE1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orBE・LOVE3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻orBE・LOVE1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTで登録と同時にポイントがもらえるので今すぐ無料で読めます!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「私たちはどうかしている」を今すぐ無料で読む!

私たちはどうかしている【第50話】考察・感想

大旦那が七桜とであった瞬間倒れてしまったときは、どうなるかと、ヒヤヒヤしましたが、無事意識が戻ってよかったです。

もしそのまま意識を手放していなかったら、七桜は一生光月庵に近づくことすらできなかったことでしょう。実際に女将は警察につきだそうとしていましたしね。

実は、この回、大旦那と七桜が2人きりで花話している間、椿と栞も2人きりで重要な話をしているのです。栞が知っている、火事のときに起こった、秘密にしている出来事を。椿への思いからその重要な出来事を隠し通していた栞。

きっと辛かったことでしょう。その事実を知るタイミングがもっと早かったら・・・と「もしも」の未来を思う椿。この2人は本当に現代版のロミオとジュリエットのようですね。

さて、物語のラストでは、大旦那がある重大な課題を2人課すのですが・・・!?次回が楽しみです!