私たちはどうかしている【第49話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介しますね♪

2019年8月1日発売のBE・LOVE9号、最新話!

私たちはどうかしている【第49話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

\私たちはどうかしているの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

私たちはどうかしている 前回のあらすじ

栞は椿の子を身ごもっていると嘘をつき、”その事実を本当にしてください”と椿に全裸で迫りました。しかし、椿はそんな栞を拒否。

七桜は大旦那のところへと病院へ向かうと、そこには女将がいて鉢合わせとなり・・・!?

私たちはどうかしている【第49話】ネタバレ

大旦那の部屋で対峙する七桜と女将。七桜はすぐに女将に”溝口議員”と光月庵との関係を知っていることをほのめかし、挑むような目で見つめる。

女将はそんな七桜に対して、椿と栞との間に子どもができたと告げます。

 

その事実を聞いた七桜は、動揺してしまい過呼吸を起こしそうになってしまいます。・・・パニックになりそうなのを、なんとか耐える七桜。その間にも女将は大旦那連れて部屋を出て行こうとしますが、七桜はなんとか言葉を発するのです。

七桜「樹さんの本当の子供は私です。」

 

その発言に感情的になった女将は、七桜のあごを掴んで凄む。

女将「おまえも必ず、あの女と同じ目にあわせてやる。」

女将はそのまま大旦那を連れて帰っていってしまいました。

 

大旦那が女将に連れ帰られてしまった今、七桜は大旦那と会う必要性があると強く思い、「こみち」の御菓子を持っていくと銘打って再び光月庵にやってきました。

七桜を迎えたのは椿。2人で御菓子を製作します。椿を見つめ頭をよぎるのは、”椿と栞の間に子供ができた”という言葉です。ふと、椿が七桜に視線をやり、目が合う2人・・・七桜は溜まらずすぐに視線をはずします。

 

とそこへ、椿の元へ電話が入ります。この電話は多喜川が仕掛けて電話をかけたものでした。椿がいなくなった隙に大旦那を探す七桜・・・。

と栞とばったり遭遇してしまいます。なんとかその場をやり過ごす七桜ですが、椿と栞に子供ができたと思っているため、その栞に「椿さんに目の治療をすうように言ってください」と必死に頼み込みます。

栞はそこで初めて、椿の目が異常をきたしていることを知ります。

「無理です・・・私には・・そんな」

と答えるのが精一杯でその場を去ってしまいました。

 

七桜とばったり会い、椿の目の事実を知った栞は、”あること”を椿に告げるのです。

一方、七桜は大旦那の部屋を探し出して、大旦那と会うこととなりますが、そこで七桜が思いもよらない事態に巻き込まれて・・・!?

スポンサードリンク



私たちはどうかしているの最新話や最新刊を無料で読む方法

U-NEXT 単行本1巻orBE・LOVE1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orBE・LOVE3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻orBE・LOVE1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTで登録と同時にポイントがもらえるので今すぐ無料で読めます!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「私たちはどうかしている」を今すぐ無料で読む!

私たちはどうかしている【第49話】考察・感想

女将との一騎打ちは、もっと激しい展開になると考えていましたが、「椿が栞との子供ができた」という情報(実際は違いますが)を聞いてしまい、あっさりと終わってしまいました。

しかし、この場面では大旦那の耳に届いたか分かりませんが、「樹の子供は私」と宣言することができたので、成果は大きいと思います。

七桜は「椿と栞との間に子供ができた」と勘違いしていることが、また物語をややこしくしそうですね。

さて、栞は七桜に言われて初めて椿の目が見えないことをしり、七桜がまだ椿のことを好きだと核心します。そのことを核心した栞は果たして椿に何を伝えたのでしょうか?

また、大旦那と会うことができた七桜に起こった重大なあることとは?怒涛の展開の49話、ぜひ漫画でお楽しみください。