ワールドトリガー第190話のネタバレ感想を書いていきます!

2020年1月4日発売 ジャンプ2月号掲載

ワールドトリガー【第190話】「弓場隊③」とのネタバレと感想!

>>ワールドトリガーのネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ワールドトリガー最新話が無料!/

U-NEXTで今すぐ「ジャンプSQ」を無料で読む!

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回までのあらすじ

ボーダーのランキング戦も上位陣との直接対決に入りました。

 

玉狛第二の作戦は不発で想定以下の戦果しか出せずにヒュースは敗北しました。

 

ですがチカの仲間を守るためになら人も撃てるという決意を固めるための励ましを残していきました。

ワールドトリガー【第190話】「弓場隊③」のネタバレ

ヒュース離脱後

生駒隊長を落としたヒュースも生駒隊の南沢に落とされて戦局は変化していました。

 

攻勢に出る弓場隊は生駒隊水上に続いて同南沢を弓場隊の帯島が狙います。

 

そして弓場隊長は二宮隊の犬飼と、

弓場隊長の弾丸は正面からでも突撃銃のシールドを打ち砕きます。

 

立て直し中の三雲修

ヒュースを失ってチカの炸裂弾(メテオラ)

は誘爆の危険があって使えないという不利な状況から立て直しをはかります。

 

修の作戦で千佳が今度は誘導弾(ハウンド)

の準備という〝撒き餌〟に乗ってしまって位置を知られた弓場隊の狙撃手外岡は生駒隊の隠岐に狙撃されて落ちてしまいます。

 

それを見た千佳はホッとした自分を振り払って人を撃つ決意を固めます。

 

その隠岐も二宮隊の連携によって落とされます。

 

その頃、空閑遊真は

空閑遊真は南沢とそれに追撃していた帯島の前に現れます。

 

南沢はターゲットを空閑遊真に切り替えた瞬間に帯島の攻撃を受けて落ちました

 

南沢「ええ~~…… 今ちょっと共闘する流れだったじゃん……」

帯島「すいません! 点が欲しいッス!」

 

帯島と空閑遊真の戦いが始まります。

>>ワールドトリガーのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ワールドトリガーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワールドトリガーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているジャンプSQは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orジャンプSQ2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orジャンプSQ5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orジャンプSQ2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orジャンプSQ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ワールドトリガー【第190話】「弓場隊③」の感想

祝 アニメ続編決定。

 

…なのですが。

目次コメントによると〝カラーに時間食いすぎたため、今回は1話のみになります〟とのことです。

 

現状を整理しますと。

玉狛第二は三雲修、空閑遊真、雨鳥千佳が生存で獲得点数は1ポイント。

二宮隊は二宮、辻、犬飼の3人とも生存で1ポイント。

生駒隊は全滅で2ポイント

弓場隊は弓場、帯島生存で2ポイント。

 

 

生存ポイントと自分の意志でのベイルアウトがありますので帯島がどうしても点が欲しかったというのはよくわかります。

 

せめて3ポイントは稼いでおかないと2ポイント上げて全滅した生駒隊というやっかいな壁を超えられません。

 

ですが焦ると別の隊に落とされる危険性も高まります。

目が離せない展開ですね。

 

 

そして千佳は対戦相手を撃てるようになるのかもこの戦いのかなめと言ってもいいでしょう。

ネタバレはここまで
次回もお楽しみに!!