約束のネバーランドの第148話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプ40号、最新話!

約束のネバーランド【148話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回の約束のネバーランド【147話】のネタバレはこちら!

週刊少年ジャンプの電子書籍はジャンプ+のみで配信しており、定期購読だと少しお得になります!

また「約束のネバーランド」の単行本を読みたい方は下記のU-NEXTで無料で読めますよ。

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

\約束のネバーランドが無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ついに明かされたギーランの過去。

それは、あまりにも悲惨なものでした。

鬼の繁栄のため奮闘するギーラン。

ところが、誰にも相手にされず、人肉の問題は深まるばかり。

家臣のドッザ将軍を信用していましたが、

裏切られ“野良落ち”の刑に処されました。

それだけではありません。

女王レグラヴァリマやイヴェルク公も、嘘だと分かって処罰を下していたのです。

王や五摂家にとって、正義を貫くギーランは邪魔でしかありませんでした。

組織全体が腐っていたのです。

家族も家臣も失い、700年耐えたギーラン。

復讐に燃え、五摂家の肉親を食いちぎって暴れ回ります。

そして、いよいよノーマンの最終作戦が動き出したのです!

約束のネバーランド【148話】のネタバレ

加速するノーマンの作戦

向き合う鬼と鬼。

ギーランは五摂家を食べたからでしょう。

以前の人のような姿に戻っていました。

 イヴェルク公が警戒します。

 

「陛下、お下がりを」

 

一方で、屋根裏で待機するシスロとバーバラの2人。小さな穴から状況を確認し報告します。

 

ヴィンセントは報告を受けて興奮。

ノーマンの作戦に感心しきりでした。

 

素晴らしい!

何もかも全てボスの計画通りだ!)

 

ノーマンは次の作戦にうつるため、

シスロとバーバラに指示を出します。

 

「よし動け

だが、まだ手は出すな

 

様子をうかがうのには理由がありました。

城外の鬼は退治できても、王族は別格

人が簡単に倒せる相手ではありません。

だからこそ、女王レグラヴァリマVSギーラン軍の潰し合いで、弱ったところを狙おうと考えていたのです。

 

(そうして、生き残った方を

人間が殺す!!)

 

ノーマンは覚悟を決めていました。

 

嬉しい再会

時は少し遡ります。

城内は祭りで賑わっていました。

 

そんな街の路地裏を走って急ぐ2人。

鬼のお面をかぶったエマレイでした。

 

レイ「ノーマンは恐らく

儀祭(ティファリ)会場に

あの城の中にいる」

 

エマ「急がなきゃ」

 

ノーマンが鬼の王・五摂家を殺し尽くす前に、なんとしても止めなくはなりません。

ところが!

 

ドォォオン!

 

突然の爆発音。

街中に響き渡る叫び声。

 

ついにノーマンの攻撃が始まったのです!

 

驚きを隠せないエマ。

そこへ、背後から話し掛けられました。

 

「エマ?レイ!?」

 

2人が振り返ると、そこにはドンギルダが立っていたのです。

抱き合って再会を喜びました。

ほかにもハヤトやアイシュ。

そして・・・

 

ソンジュとムジカの姿もあったのです。

 

嬉しそうに駆け寄るレイ。

ところが、エマは立ち尽くしたまま。

今にも泣きそうな顔をしていました。

 

向き合うエマとムジカ。

 

お互い同じ気持ちだったのでしょう。

ムジカがエマを抱き寄せました。

 

ムジカ「大丈夫、ありがとう

私達、鬼のために」

 エマ「無事でよかった!」

ムジカ「エマもよ」

エマ「絶対ノーマンを止めるから」

 

2人はみつめあって強く約束したのです。

再会を喜んだところで、

ドンはエマに確認しました。

 

「てか、エマとレイが

ここにいるってことは・・・

できたんだよな!?」

 

エマは頷いて言いました。

 

「うん!結べた!約束」

 

喜ぶ周囲。

でも、ソンジュだけは黙って見つめていたのです。

 

エマ「でもまだ

履行までは保留にしてある」

ギルダ「うん!予定通りね!」

 

嬉しそうに手を合わせるギルダとエマ。

すると、ソンジュが尋ねたのです。

 

「オリバー達は?

馬で送るって言ってたけど

全員帰ったのか?」

 

鬼の大群

2日前の朝の出来事。

オリバー達と一緒に、馬に乗って王都へ向かうエマとレイ。

すると、森を抜けた先にはゾロゾロと歩く鬼の大群がいたのです。

 

レイ「まさか!?

食用児のアジトを探しているのか!?」

 

これもノーマンの作戦の影響でしょう。

城内の鬼を少しでも減らすべく、様々な嘘の情報を流していましたから。

 

エマ「ここでいい、降ろして

みんなは戻ってアジトに知らせて

万一に備えて」

 レイ「ああ、十分助かった

ここからは徒歩で行ける」

 

ところが、ナイジェルが止めました。

 

「いや待て!鬼の兵達が

こんな感じにゾロゾロいたら

王都へもかなり迂回して

向かわなきゃならないぞ!」

 

でも、2人の意志は変わりません。

 

エマ「大丈夫、それでも

ここまで連れてきてもらえたから」

レイ「必ず間に合って

ノーマンを止めてくる」

 

2人の決意を受け止めたオリバー達。

 

どう考えても、規模的にノーマンが追い払った兵としか思えない数の鬼達です。

何倍もの大群にアジトがみつかったら、被害はラートリー家に襲われた以上の被害がでるでしょう。

恐怖が甦るエマ。

でも、オリバーは言いました。

 

「こっちは任せろ

エマとレイは王都へ

お互い気をつけて」

 

親友の元へ急ぐエマとレイ

オリバー達の話を聞いて驚くドンとギルダ。

 

エマ「だから、ついさっき着いて

急がなきゃ!」

レイ「けど、丁度良かった

今お前らに会えて・・・」

 

さらに、レイが取り出した1枚の紙。

それはノーマンがつくらせた“毒”のレシピでした。

 

レイの予想では、おそらくノーマンは王都城下にも毒を使い、王都の鬼を全滅させるつもりだと考えていました。

まだ何か起こった様子はありませんが、ノーマンの事ですから、すでに仕掛けてはいるでしょう。

 

レイは、ドンとギルダにできる限り被害を抑えられるようにお願いをしました。

もちろん、優先すべきは皆の命。

ムジカやソンジュにも協力してもらうとして、少しでも危なかったら逃げるように伝えたのです。

黙って頷くドンとギルダ。

 

ソンジュ「エマ、手を出せ」

 

渡されたのは掌サイズの小さな発信機

 

ソンジュ「城に入って

助けが必要だったらそれを呼べ

すぐ駆けつける」

 

発信機は押すと音が鳴り、現在地がわかる仕組みになっていました。

 

ムジカ「城下は任せて」

ソンジュ「でも、お前らが

ヤベェ時はすぐ言え」

 

エマ「ありがとう、行ってくる」

 

笑顔で分かれた2人。

すると、去り際にギルダが呼び止めます。

 

「あ、エマ!

それから、もう一つ・・・」

 

城を見つめるエマとレイ。

思いは一つです。

 

(今行くよ!ノーマン!!)

 

2人はお面をかぶり、走り出したのです。

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



約束のネバーランドのお得情報まとめ

約束のネバーランドは漫画のみならず、アニメも放送されて人気が高まりましたね。

あなたは漫画もアニメもご覧になりましたでしょうか?

ここでは漫画もアニメも無料で楽しめる方法をご紹介いたします!

約束のネバーランドの漫画を無料で読む

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

約束のネバーランドの最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

約束のネバーランドのアニメを無料で見る

アニメも無料で見たいならAmazonプライムビデオで全話見放題となっていました。

こちらも登録したことがなければ30日間の無料期間があるので、その間に視聴すれば一切お金はかかりませんね。

U-NEXTなどでも配信はしているのですが、話数ごとにポイントが必要になるので全話無料視聴はできません。

なので、アニメは現状でAmazonプライム・ビデオ一択ですね!

\30日間の無料体験実施中/

前回の約束のネバーランド【148話】の感想・予想

エマとムジカが抱き合う場面は、なんだかグッとこみあげてくるものがありましたね。

邪血の少女、ムジカ。

彼女がいれば、鬼と人との共存は夢ではないはず。

なのに、憎しみや怒りによって戦いは終わりません。

まだ詳しい内容は明らかにされていませんが、あの方とも約束したエマ。

ノーマンが出荷されてから、大きく状況も変わりました。

エマとレイが親友を救ってくれると願うばかりです。