約束のネバーランドの第159話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ52号、最新話!

約束のネバーランド【159話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回の約束のネバーランド【158話】のネタバレはこちら!

週刊少年ジャンプの電子書籍はジャンプ+のみで配信しており、定期購読だと少しお得になります!

また「約束のネバーランド」の単行本を読みたい方は下記のU-NEXTで無料で読めますよ。

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

\約束のネバーランドが無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ずっと、自分が生まれた意味を探していたムジカ。

家族や仲間はみんな殺されました。

生き残ったのは自分だけ。

本当に、邪血を持った自分が生まれてよかったのか、700年間悩み続けました。

しかし、女王レグラヴァリマを目の前にして気付いたのです。

「私は我ら種を変えるために生まれてきたんだ」

女王は食べても食べても欲望は消えません。

ムジカと違って、ずっと飢えていました。

消化しきれず、形となって現れる食べてきた者達の顔。

たくさんの記憶・感情が女王を襲います。

「私は・・・私は誰だ」

細胞は限界を超え、女王レグラヴァリマの体はドロドロに溶けていったのです。

約束のネバーランド【第159話】のネタバレ

哀れな女王

女王レグラヴァリマは、幼い頃から貪欲でした。

 

どんなに食べても、女王という地位を手に入れても、どんなに強さを手に入れても、レグラヴァリマは満足できなかったのです。

 

もっと

もっと!

もっと!!

 

たくさんの財宝

周囲が跪く地位

おいしい人肉

 

全てを手に入れたはずでした。

しかし、何か物足りない。

 

妾が欲しかったものこれではない?

 

満たされない渇き。

止まらない欲望。

目の前にいる特上の3人。

 

最後の希望は叶うことなく、女王レグラヴァリマの細胞は再生できずに、体が液体のようにドロドロと溶けていきました。

 

女王は死んだのです。

今度こそ・・・

 

目の前の光景にソンジュは驚いていました。

 

女王を倒せたところで、意識を取り戻したザジ。慌ててノーマン・エマ・レイが駆け寄ります。

どうにか生きているようです。

安堵する3人

 

ソンジュの迷い

ムジカは、女王の姿を見て感極まっていました。

 

ずっと追われて、逃げ続けた700年。

もう追われることもありません。

もう誰も殺されません。

思い出すのは家族や仲間の顔。

ムジカにとっての戦いも終わったのです。

 

彼女の気持ちなどお見通しなのでしょう。

ソンジュは、ムジカの背中をそっと手で支えました。

ソンジュは驚いていたのです。

 

女王や五摂家も死にました。

間違いなく鬼世界は変わります。

人間の手によって・・・

それも、あの方と“約束”まで。

 

ソンジュには迷いがありました。

 

「いいのか?

 それで」

 

エマ達が結び直した約束が履行されれば、一生人間を食べることはできません。

むしろ、人を見ることもなくなるでしょう。

 

嬉しそうにムジカへ近づくエマ。

思い出すのはムジカの言葉です。

 

『私は我ら種族を

 変えるために生まれてきたんだ』

 

ソンジュは、槍をグッと掴んで耐えたのでした。

 

ムジカの切なる願い

女王は倒せましたが、問題が全部片付いたわけではありません。

レイは尋ねました。

 

「・・・けど

ここからどうする?」

 

鬼世界は完全に統率者を失いました。

和平交渉できる相手がいません。

このままでは、混乱や暴動など、各地で戦争が起こってしまう危険性があります。

 

悩むエマ。

ソンジュに向かって言いました。

 

「ねぇ・・・

 ソンジュじゃなれないの?

 次の王様」

 

ソンジュは女王の弟です。

血筋からしても問題ありませんし、エマ達にとっても安心できる相手。

理想の流れではなりますが、ソンジュは否定しました。

 

「ムリだね」

 

イヴェルクやバイヨンあたりが生き残っていれば別だったでしょうが、ソンジュにはコネもなければ政治も分かりません。

なにより、ソンジュは“反逆者”になります。王兵や民も、ソンジュの言うことなどきかないでしょう。

 

すると、ムジカが笑顔で「大丈夫」と微笑みかけました。

それどころか、鬼の問題はこちらで片付けるから、エマ達は早くアジトへ戻るように促したのです。

 

驚くエマ達。

統率者がいなくなった以上、人の存在が見えない方が事態を収めやすいもの。

ノーマンが仕組んだことではありますが、あくまで鬼の内乱だったということにすれば問題ありません。

 

大切なのは、これ以上誰も死なせてはいけないことです。

ムジカは微笑んで言いました。

 

「憎しみの炎を

 大きくさせないこと」

 

人が鬼を倒したと分かれば、今度は新たな憎しみが生まれてしまいます。

ムジカの優しさからでした。

 

感謝するエマ

ムジカからすれば、それよりも心配なのは大軍の王都兵です。

万が一、アジトが襲われたりしたら大変なことになってしまいます。

ムジカはエマの肩を掴んで言いました。

 

「行きなさい、さあ急いで

 こっちは大丈夫

 ちゃんと考えもあるわ」

 

エマはムジカをギュッと抱きしめました。

そして、お礼を言ったのです。

 

「ありがとうムジカ・・・!

 ありがとう!!」

 

レイも優しく側でお礼を言いました。

黙ってエマ達を見つめるソンジュ。

まだ、心の中では迷っていました。

 

(やはり・・・このままでは)

 

すると、エマはソンジュにも抱きついてきました。

驚くソンジュ。

エマからすれば、ムジカだけでなく、ソンジュにも心から感謝していたのです。

 

この2年間、エマ達は色んな鬼を見てきました。だからこそ、いっぱい考えてきたのです。

 

鬼のこと

自分達のこと

食べること

命を奪うということ

 

“死”についても考えていました。

家族が殺されるのも嫌だし、当然食べられるのも避けたい。

自分自身が殺されるのも、食べられるのも絶対に嫌でした。

 

自分が死ぬ想像をしたエマ。

もし、自分が死んだあとなら・・・

ソンジュとムジカになら食べられてもいいとさえ思っていました。

 

恐かった鬼

憎かった鬼

 

けれど、鬼を殺したくないと思えたのはムジカとソンジュに出会えたから。

今の自分があるのは、2人に出会えて助けてもらえたからです。

エマは2人に対して微笑んで言いました。

 

「ありがとう

 本当にありがとうございました」

 

本当の黒幕

エマ・レイ・ノーマンの3人は、ムジカが言ってくれた通り、アジトへ戻るためザジを抱えて走り出しました。

 

部屋に残されたムジカとソンジュ。

本当は、人肉が食べたいと思っていたソンジュの気持ちを気付いていたのでしょう。

「いいの?人間が食べれられなくなるわよ」と、ムジカは笑って言いました。

すると、ソンジュは叫んだのです。

 

「あ~~~~

 よかねぇよ!あ~!!

 俺の馬鹿野郎!!」

 

やはり後悔していたようです。

こういうところが、ソンジュの良いところですね。

 

ただ、問題なのはこれから。

さきほど、ムジカは「考えがある」と言っていましたが、本当は何もありません。

それはソンジュも予想通り。

 ただ、ちょっと無茶ではあるものの、ソンジュにはアテがあるようです。

 

一方でアジトへ急ぐエマ達。

 

向かった王兵は4000

2日前の朝の出来事であり、女王も「あやつ」と言っていました。

 

話を総合して、ノーマンは確信していたのです。

今、王兵を動かしている者こそ・・・

 

ラートリー家現当首

ピーター・ラートリー

だったのです。

 

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



約束のネバーランドのお得情報まとめ

約束のネバーランドは漫画のみならず、アニメも放送されて人気が高まりましたね。

あなたは漫画もアニメもご覧になりましたでしょうか?

ここでは漫画もアニメも無料で楽しめる方法をご紹介いたします!

約束のネバーランドの漫画を無料で読む

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

約束のネバーランドの最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

約束のネバーランドのアニメを無料で見る

アニメも無料で見たいならAmazonプライムビデオで全話見放題となっていました。

こちらも登録したことがなければ30日間の無料期間があるので、その間に視聴すれば一切お金はかかりませんね。

U-NEXTなどでも配信はしているのですが、話数ごとにポイントが必要になるので全話無料視聴はできません。

なので、アニメは現状でAmazonプライム・ビデオ一択ですね!

\30日間の無料体験実施中/

約束のネバーランド【159話】の感想

ついに現れた本当の黒幕。

人の敵は、結局は人であるという事なのでしょうか。

ピーター・ラートリーは、ジェイムスを裏切って第36第当主になった人物であり、ノーマンをΛ(ラムダ)へ送り込んだ張本人です。

“約束”を交わしたラートリー家ですが、詳しい約束の内容や、ピーターに対しても明確な情報はありません。

ピーターの本当の思惑とは?

ノーマンは何か知っているのでしょうか?

先が気になりますが、残念ながら次回は休載になります。

2週間後を楽しみに待ちたいと思います!