約束のネバーランドの第163話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

2020年1月4日発売の週刊少年ジャンプ6・7合併号、最新話!

約束のネバーランド【163話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

ネタバレの前にある緑のボックスの中には前回に考察した内容が書かれています。

▷前回の約束のネバーランド【162話】のネタバレはこちら!

週刊少年ジャンプの電子書籍はジャンプ+のみで配信しており、定期購読だと少しお得になります!

また「約束のネバーランド」の単行本を読みたい方は下記のU-NEXTで無料で読めますよ。

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

\約束のネバーランドが無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

女王レグラヴァリマが亡くなった今、次の王候補が必要です。

ソンジュがアテにした相手とは、幼い頃の先生のさらに先生。

大僧正様四賢者でした。

彼らは肉体を極限状態まで追い込み、人を食べずに1000年も祈り続けていたのです。

蘇生が上手くいくか分かりませんが、民をまとめられるのは彼らだけ。

ソンジュは邪血で大僧正様を復活させ、王にしようと考えていました。

一方で、逃げた食用児を探すピーター・ラートリー。

城下内の各場所にフクロウに似せた防犯カメラを設置。

逃げるヴィンセント達や逝去した女王を捉えていました。

この状況はピーターにとって好都合。

王座・政権は自分らが頂こうと考えていたのです。

アジトから捕まえてきた子供達はGFへ。

出迎えたのは、かつてのママ。

グランマ・イザベラでした。

約束のネバーランド【第163話】の考察・予想(本ネタバレはこの後)

約束のネバーランド【第163話】のネタバレ考察・予想

欲に溺れたピーター・ラートリー。

162話では完全にいい悪役となっていましたね~

 

女王レグラヴァリマが亡くなった今、ラスボスはラートリー家といってよいでしょう。

そこで今回は、複雑に絡み合う人間関係のおさらいしながら、次回の考察をしていきたいと思います!

 

邪血が主流になる

ついに命を落としたレグラヴァリマ。

問題なのは、次の王候補です。

ソンジュがアテにしたのは、幼い頃の先生!

ではなく・・・

先生の先生にあたる大僧正様四賢者でした。

 

ソンジュの話では、かつての大僧正様たちは、神の声を伝える者として政治にも関わり、民の心の支えとなっていたようです。

約束がされた後は、民の命を守るために人肉を食べることを許しました。

その代わり、大僧正様たちは教えを守って、民のために祈り続けたのです。

だから、王族のおかげというよりは、民からすると、大僧正様たちのおかげで人肉が食べられていると思っているみたいですね。

 

約束がされたのは1000年も前。

では、大僧正様たちは現在どうしているのか?

 

実はまだ生きていたのです!

骨と皮になった状態になっても、今もなお民のために祈り続けていました。

肉体を極限状態にまで追い込むことで、細胞分裂するのを防いでいるようです。

すごいですよね~

並大抵の精神では辿り着けない境地といえます。

 

ソンジュは、自分らの邪血で大僧正様たちを復活させようと考えました。

民から親しまれていますからね。

王としてふさわしいお方と言えるでしょう。

 

今までムジカは、邪血を受け継ぐ異端児として逃げ回ってきました。

人肉が大好きな女王からすれば、人を食べなくても肉体と精神が維持できるムジカは邪魔な存在です。

ムジカはどうにか生き残れましたが、家族や仲間は全員殺されてしまったのです。

 

700年、邪道のような扱いを受けてきたムジカ。

大僧正様がうまく復活できれば、今度は邪血が主流になるはずです。

もう退化する心配もない。

人肉の争いが起こることもない。

鬼世界にとっても、やっと平和な世界が訪れるのではないでしょうか。

 

大僧正様によって鬼世界にみえてきた希望。

でも、人間世界はまだまだ問題が山積み!

ラートリー家の野望をくい止めなければいけません。

 

グランマ・イザベラの狙い

ピーターによってアジトから連れ去られた食用児たち。

GF(グレイス=フィールド)の扉が開いた先には、イザベラが微笑んで立っていました。

やはり、彼女は生きていたようです。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、イザベラはレイの実の母親。

そして、文武両道のとても優秀なママという印象です。

かつて子供だった彼女も、脱獄を試みようとしていました。

しかし、淡い恋心を抱いていたレイリーを亡くしてから、少しでも長く生き続けようと決意したのです。

 

完璧にママをこなしていたイザベラでしたが、ハウスで起きた火事に気を取られ、エマ達の脱走を許してしまいます。

食用児の脱走させてしまうなど、ママ失格も同然。

このあと、イザベラは全責任をとって命を落としたと思われていました。

でも、殺された描写がないことから「イザベラは生きているのでは?」という意見が多かったのです。

 

このイザベラが、実際のところ悪者なのか、いい人なのか難しいところなんですよね~

だって、最初は本当に子供を愛する優しいママでしたから。

出荷されると分かっていたからこそ、少しでも子供達に愛情や幸せを伝えようとしていたのは事実です。

 

愛した子供達が鬼に食われていく日々・・・

何度も繰り返される悲劇に揉まれながら、ただ自分が生き延びたいだけで、事務的に子供達に愛情を注ぐなんてできるのでしょうか?

 

どちらにせよ、162話で登場したイザベラは不敵な笑みを浮かべていたので、ピーターの指示通り動こうとしているのは間違いありません。

後ろには退化した鬼が何人も立っていましたから。

その場ですぐに、食用児たちを食べさせる気なのでしょう。

 

でも、もし、イザベラに人の心が残っているのなら・・・

女王が死んだ事実を知ったら、心が揺れ動くのではないでしょうか?

また、彼女の前にレイが姿を現したら?

 

鬼世界が人肉を必要としなくなれば、ママを演じる必要もありません。

本当の母親として子供を愛することができるのです。

最終的には、イザベラが家族になってくれると信じたいですね!

 

エマ達の救出方法とは?

161話で家族を助けに行こうと決意したエマ達。

最後の戦場となるのは、戻りたくもないGF農園でした。

 

ここで状況を確認しておきましょう。

 

・ラートリー側は王兵2000

・エマ側は残り数十人余り

・Λ(ラムダ)3人が負傷

・助けてくれる鬼勢力もない

・ミネルヴァがくれたGF設計図がある

・狙うならGF到着後

 

どう考えても、エマ側が圧倒的に不利な状況です。

ギルダが「正面から挑まなければいい」と言っていたので、おそらく、入口から侵入することはあり得ないでしょう。

 

問題なのは、ピーターは「エマ達ならきっと助けにGFへ来る」と考えていることです。

となれば、アジトで捕らえられた食用児たちは人質みたいなもの。

エマ達が降参するように、目の前で家族を鬼に食べさせようと考えている可能性があります。

 

ここで重要となるのが、やはりイザベラではないでしょうか?

正直なところ、やはりエマ達だけじゃ無理です。

どうしてもGF側にも味方が必要になるかと思います。

 

また、ミネルヴァが託してくれたGF設計図があるので、逃走経路の確保や門の操作はある程度できるはず。

相手の人数が多いとはいえ、鬼を閉じ込めるような方法をとれば戦わずに済むはずです。

 

なにより重要なのは、エマ達が前向きで諦めていないこと!

161話でエマが言っていたように、ちっぽけな存在だった子供達が、今度こそ世界を大きく変えようとしているのです。

たくさんの犠牲や失敗もあったけど、あと一歩でエマ達は自由になれるのです。

危機に陥った時こそ、ぶれない前向きな気持ちを持つって大事ではないでしょうか。

不思議なもので、エマが言うと何でもできるような気がしてくるのです。

 

最後の敵はピーター家のみ!

人間世界の平和を取り戻すためにも、エマ達には頑張って欲しいですね!

約束のネバーランド【第163話】の確定ネタバレ

復活した大僧正様

邪血で大僧正様四賢者を復活させると決めたソンジュとムジカ。

ムジカは自らの手を切り、骨と皮になった大僧正様の口へ血を運びます。

 

目覚めた大僧正様。

状況が飲み込めず、つぶやきました。

 

「ここは・・・

 私は・・・なぜ・・・」

 

1000年も民のために祈り続けていたのです。呆然とするのも無理はないでしょう。

 

大僧正様が意識を取り戻して、ソンジュとムジカはホッとします。

大量の血を分け与えたせいか、2人はげっそり。

大僧正様は顔を見るなり、すぐにソンジュだと分かったようです。

げっそりした2人を見て、血を分け与えてくれたと理解したのでしょう。

申し訳なさそうにしていました。

ここで、ソンジュが事情を話し始めます。

 

「説明します

 どうか・・・お助け下さい

 

感謝の言葉

王と五摂家が死んだことに驚く大僧正様。

同時に、とても悲しそうな表情をしていました。

 

王族が死んだのは、守るべき道理に背いた当然の報いかもしれません。

でも、大僧正様からすれば、滅ぶしかない、殺すしかないという選択肢しかなかったのは残念なことでした。

1000年前、寺院にもっと力があれば避けられたかもしれません。

ソンジュにも苦労をかけたことを大僧正様は謝りました。

 

例え最初は小さかったとしても、生じた歪みは必ず帰ってきます。

大僧正様もまた、このような事態になると予想はしていました。

 

でも、希望がなくなったわけではなありません。だからこそ、ムジカのような者が生まれ、神は鬼達が生きる選択肢を残してくれました。

 大僧正様は2人の手を握り感謝したのです。

 

700年よう生き延びてくれた

 よう守ってくれた

 我々は今残されておるのだ

 変われるかどうかを

 

ソンジュの説明で状況を理解した大僧正様。

自分にできることがあれば、なんでもすると約束してくれます。

嬉しそうなムジカ。

安堵するソンジュ。

あとは、四賢者も復活させるだけ。

 

次の準備をしようとすると、なにやら外がとても騒がしいことに気づきます。

外へ出て状況を確認すると、広場では大変なことになっていました。

 

反転した王都の事態

 

「女王陛下が身罷られた!」

 

広場で王族から突然の発表。

民は動揺を隠せません。

代表者は説明を続けます。

 

女王が殺されたこと。

五摂家も全て殺されたこと。

 だから、今後は四大農園と五摂家各家臣団が合議連合のもと、政治を取り仕切ることに決めたようです。

続けて、政権樹立の声明。

民全員が声明に耳を傾けていました。

 ソンジュは焦ります。

 

女王たちが死んでから、即日の声明。

いくらなんでも早すぎます。

なにより、本来であれば残りの勢力の足並みを揃えるだけでも大変なはず。

誰がまとめたと言うのでしょうか?

鬼達の後ろには、ピーター・ラートリーが微笑んでいました。

 

民からすると、気になるのは王族を殺した賊の正体です。

代表者は民を鎮め、賊の特定は済んでいると説明。

 城下を陥れた賊徒は・・・

 

ギーラン一派と邪血の一派

代表者は、ムジカとソンジュが描かれた絵を民に見せたのです。

 

子供達は驚きます。

ムジカとソンジュは、退化した親を助けてくれました。助けられた大人達も「話がおかしい」と指摘します。

 

すると、賊を見た者や血を分け与えられた者は一カ所に集められ拘束。

なんと、無実の民を檻に閉じ込めてしまったのです。

 

案内された民は状況が理解できません。

出してくれとお願いしますが、代表者が言った言葉は非情なものでした。

 

「お前達は有害な血に汚染されている

 よって隔離し“処分”する」

 

せっかく助かったのに、今度は鬼の手によって命を奪われる現実。

子供達は両親を助けに走り出します。

しかし、近くにいた鬼に止められました。

子供達が邪血を飲んだことは分かっています。でも、ここで正直に申し出てしまったら、ただ捕まるだけ。

子供達は怯えて何も言えませんでした。

 

広場に残されたのは、ソンジュとムジカを知らない鬼たちだけ。

代表者によって賊徒は敵だと説明され、城下や王族を陥れた悪人として捕まえるように指示が出されます。

怒りに満ちた鬼達は、2人を捕まえるべく一気に走り出しました。

 

逮捕された2

逃げるソンジュとムジカ。

確かに、残された農園や支配したい鬼にとっては、邪血は邪魔な存在でしょう。

おかげでソンジュとムジカは王国の敵となってしまいました。

 

悔しいのはムジカも同じ。

せっかく助けた命。

自分達が助けたからこそ、また皆が殺されてしまうという現実。

 

このままでは何も変わりません。

女王が生きていた時に逆戻り。

変われるチャンスが、全てムダになってしまいます。

 

いつもであれば、ソンジュも戦えるぐらいの力はあったでしょう。

しかし、大僧正様に血を分けたせいで力が出ず、ムジカも倒れてしまいます。

大僧正様も1000年の眠りから覚めたばかり。圧倒的に不利な状況です。

 

ソンジュが倒れたムジカに気を取られていると、周りには民が集まっていました。

 

「見つけたぞ、賊徒」

「よくも俺たちの町を!」

「殺せ!!」

 

反撃するにも、ソンジュには力が残っていません。攻撃することなく、その場に倒れてしまいます。

近づく王兵。

槍を向けて言いました。

 

「ソンジュ、ムジカ

 国家転覆罪で逮捕する」

 

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



約束のネバーランドのお得情報まとめ

約束のネバーランドは漫画のみならず、アニメも放送されて人気が高まりましたね。

あなたは漫画もアニメもご覧になりましたでしょうか?

ここでは漫画もアニメも無料で楽しめる方法をご紹介いたします!

約束のネバーランドの漫画を無料で読む

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

約束のネバーランドの最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

約束のネバーランドのアニメを無料で見る

アニメも無料で見たいならAmazonプライムビデオで全話見放題となっていました。

こちらも登録したことがなければ30日間の無料期間があるので、その間に視聴すれば一切お金はかかりませんね。

U-NEXTなどでも配信はしているのですが、話数ごとにポイントが必要になるので全話無料視聴はできません。

なので、アニメは現状でAmazonプライム・ビデオ一択ですね!

\30日間の無料体験実施中/

約束のネバーランド【163話】の感想

そんな~!ショックな展開です・・・

想像していた以上に、ピーター・ラートリーの動きが早かったようですね。

ソンジュとムジカが鬼だけで事態を収束させたいと思っているのをいいことに、まさか鬼の敵にしてしまうとは。

なんで真っ当な考えの方が、いつも苦労しなければいけないのでしょうか。

しかし、1000年分ぶりに復活した大僧正様まで簡単に殺されてしまうとは考えにくい気がします。

国のトップがいなくなったことにより、民の心が揺れ動きやすい状態です。

大僧正様の言葉によって、目が覚めてくれることを願わずにはいられません。

鬼世界にみえた唯一の希望。

ピーター・ラートリーによって、再び絶望へと突き落とされました。

ムジカとソンジュの行方が心配です!