約束のネバーランドの第172話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプ17号、最新話!

約束のネバーランド【172話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回の約束のネバーランド【171話】のネタバレはこちら!

週刊少年ジャンプの電子書籍はジャンプ+のみで配信しており、定期購読だと少しお得になります!

また「約束のネバーランド」の単行本を読みたい方は下記のU-NEXTで無料で読めますよ。

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

\約束のネバーランドが無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

生きていたレウウィス大公。

ムジカと弟であるソンジュの処刑を中止。

悪は王族・五摂家であって、「邪血は奇跡の血」だと証明したのです。

鬼世界はレウウィスの説得によって形勢逆転。

ピーターの地獄行きは決定しました。

ところが、ピーターは諦めません。

どうせ地獄へ落ちるなら食用児たちも一緒がいい。

エマを殺すことで、約束を破算させようとしていたのです。

約束のネバーランド【第172話】の確定ネタバレ

道連れにしたいピーター

「頼む

 撃たないでくれ」

 

悲しそうな表情をするピーター。

銃を向けるエマに対して、両腕を上げて命乞いをします。

エマの後ろにはレイとノーマンの姿もありました。

 

鬼世界は新しく生まれ変わろうとしています。

王族・五摂家が捕まった以上、ピーター・ラートリーの処刑は確実でしょう。

食用児たちには明るい未来。

ピーターに待つ未来は地獄のみ。

でも・・・

エマが死ねば約束は永光不履行。

約束が実行されることはありません。

 

『パパと一緒に死のう

 食用児共よ』

 

ピーターは食用児たちを道連れしようと考えていました。

エマのところまで、あと少し。

ピーターの左袖には、小さなナイフが仕込まれています。

油断させて、ナイフでエマを殺そうと考えていました。

 

あと3歩・・・

あと2歩・・・

あと1歩!

 

ところが、エマは銃を下げて言ったのです。

 

あなたを殺すつもりはない

 私たちはあなたと話をしに来たの

 

囚われたていた感情

エマの発言に驚くピーター。

なんとエマは、ラートリー家には如何なる報復も攻撃もしない。

だから、食用児の自由を認めて欲しいと言うのです。

 

心の中では笑いが止まらないピーター。

自分を殺さないどころか、話をしようと言うのです。

ラートリー家を殺さないということは、ピーターを許すということ。

どこまで考えが甘いのでしょうか?

 

エマが話し合いを持ちだす経緯は、GF農園に突入する前から始まっていました。

 

もちろん、ピーターを許すなんてみんな反対!

とくジリアンは猛反対します。

でも、許せない気持ちはエマだって同じ。

 

ユーゴやルーカスの命を奪われました。

メアリーやノーマンにしたこと。

農園や世界のシステムを作ったこと。

クリスだって目覚めていません。

全部許せるわけがないのです。

 

思い出せば思い出すほど、エマの表情は怒りへと変わります。

それでも殺して解決で終わらせたくありませんでした。

 

相手を憎んだり恨んだり

恐れたりのくり返し・・・

 

負の感情は常につきまといます。

でも、本当は笑っていたいのです。

嫌な気持ちではなく、ただ自由になって笑いたいだけ。

 

どうしようもない運命。

憎しみや恐怖。

もう何からも囚われたくない。

 

エマが話し合いをする理由。

それは、自由になりたいから

 

憎しみや恐怖を背負ったままでは、本当の自由は手に入れられません。

許せないけど、許さなければ自由になれない。

全ては負の感情から解放するためでした。

 

もちろん、ピーターは話の通じる相手ではないかもしれません。

でも、最初から話し合いを放棄するつもりはありませんでした。

 

ため息をつくジリアン。

エマはどこまで甘ったれなのでしょうか?

しかし、ジリアンは笑顔で言ったのです。

 

「上等じゃん

 できるとこまでやってみましょ」

 

驚くエマ。

私達にはきっと明るい未来が待っている。

大事な未来。

悔いは残したくありません。

 

目的はあくまで勝利と対話

 

家族全員、エマの意見に賛同していたのです。

 

救いの手を差し伸べるエマ

エマが提案した通り、GF農園に侵入してから誰も殺してはいませんでした。

鬼達も眠らせただけ。

死んでいなかったのです。

エマはピーターへ問いかけ続けました。

 

鬼達も生きるために食べているだけ。

ママ達も生きるために子供達を差し出しただけ。

初代ユリウス・ラートリーも、戦争を死ぬ人を増やさないために約束しただけ。

人だって動物や魚、植物の命をもらって生きています。

 

ママやユリウスの恐怖は決して他人事ではありません。

それを”弱さ”で片付けてはいけないのです。

 

想像してみて下さい。

 

もし、鬼が人間を食べる生き物でなかったら?

人と友達になってくれたでしょうか。

もし、エマがラートリー家に生まれていたら?

食用児に何かできたでしょうか。

もし、ピーターがGFで生まれていたら?

エマ達とお友達になれたでしょうか。

 

立ち場がなくなれば、憎しみ合わなくていい。

ピーターも自分の正義で二世界を守って来たのでは?

エマはそれぞれの立場になって、相手の気持ちを考えていました。

 

ラートリー家が食用児を犠牲にすることで、1000年守られた人達がいます。

ピーターだって、生まれた時から運命を背負わされていたはず。

彼もまた囚われていたのです。

 

人も鬼も変われる

世界も変えられる

 

エマは、ピーターに手を伸べて言いました。

 

1000年の苦しみを今終わらせよう

 一緒に生きよう

 ピーター・ラートリー

 

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



約束のネバーランドのお得情報まとめ

約束のネバーランドは漫画のみならず、アニメも放送されて人気が高まりましたね。

あなたは漫画もアニメもご覧になりましたでしょうか?

ここでは漫画もアニメも無料で楽しめる方法をご紹介いたします!

約束のネバーランドの漫画を無料で読む

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

約束のネバーランドの最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

約束のネバーランドのアニメを無料で見る

アニメも無料で見たいならAmazonプライムビデオで全話見放題となっていました。

こちらも登録したことがなければ30日間の無料期間があるので、その間に視聴すれば一切お金はかかりませんね。

U-NEXTなどでも配信はしているのですが、話数ごとにポイントが必要になるので全話無料視聴はできません。

なので、アニメは現状でAmazonプライム・ビデオ一択ですね!

\30日間の無料体験実施中/

約束のネバーランド【172話】の感想

甘ったれかと言われれば、確かに甘ったれな考えと言えるでしょう。

でも、否定するなんて簡単ですよね。

相手を追い込むなんて、いとも簡単にできてしまいます。

しかし、肯定するのは否定の何百倍も大変!

相手に歩み寄るって、とても難しいことなのです。

素晴らしいじゃありませんか。

許せないけど、自由になるために許す。

憎しみや恨みを手離してこそ、本当の自由を手に入れられる。

エマは芯の強い女の子ですね。

人によってはエマの行動を笑うかもしれませんが、エマのような人が世界を変えていくのでしょう。

はたして、エマの誘いにピーターの返事は?

次回の展開がとても楽しみです!