2019年7月18日発売の週間少年チャンピオン33号で、弱虫ペダルの第551話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月18日に発売された週間少年チャンピオン32号に掲載!

弱虫ペダル最新話!第551話のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\弱虫ペダルの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

舗装された道を走るロードバイクとは違い、自然に分け入り駆け抜けていくマウンテンバイク。

全く違う魅力をもった自転車との出会いに、坂道はどんどん引き込まれていきます。

さらに細く荒れる道に差し掛かるとヨロヨロと走れなくなってしまう坂道。

そんな姿を見て、雉はもう無理だと判断しますが…

弱虫ペダル【第551話】のネタバレ

マウンテンバイクのギア・チェンジ

険しい道に苦戦する坂道。

「す すいません  ちょっ…これ以上は…」

 

失速…フラフラしてる小野田クン 道も荒れて細くなってきてるから………

そっか 『これ以上は』………ムリか

 

方向転換し坂道のもとへ戻ろうとする雉。

 

「これ以上は… あの… この… ギアじゃ…

すいません この自転車初めてなもので…

ギアはどこで変えればいいんですか」

坂道の言葉にぽかんと口を開ける雉。

 

「まじ?」

 

フラフラになりながら坂道は必死に状況を説明します。

「ギアがついてることは… うしろの変速機がついていたので……

わかったんですが ロードバイクみたいに ブレーキレバーを… さっきからですね…

押したり引いたりひっぱたりしてるんですが

一向にギアが変わらなくて……」

 

へぇ…………

変速なしで ここまで登ってきたのか 小野田クン!!

 

坂道のパワーに驚きとワクワクが止まらない雉。

 

「はは!!

変速レバーはハンドルのグリップにあるヨン

自然に握って下した親指のその先に 2本のレバーがある!!」

 

(あった ホントだボタンみたいな短いレバーが2つ!!)

 

「人差し指に近い方のを押し込むと

 

(人差し指に近い方 こっちか!!)

 

  重くなる」

 

「おっ 重っ

あわわっ よっ た……たおれる

すみません 軽くなる方をお願いします わわ

 

グラングランになりながらなんとか体勢を保つ坂道。

 

「逆側のレバー 親指に近い方を押し込むと……

 

(親指……!! こっちだ!! 押し込む!!

 

軽くなる!!ヨン」

 

一気にペダルが回りだします。

 

軽くなった

一安心する坂道。

「す すぐいきます」

 

へぇ…

足を回して車体を安定させた

まだ登る気だ

雉はニヤリと笑います。

「キミ わかってるね

ロードバイクでオフロード登ってみたり

ギアの変速わからなかったり

素人っぽくてマウンテンバイク初めてっぽいのに

ペダリングはスムーズでうまい

だけどよかったよ さっきは引き返す覚悟もしたけど

君が登ってくるから まだ先に

進めるよ」

 

自分の大好きなもの

林を抜け、視界がひらける。

そこは、大海原の広がる大パノラマでした。

 

「道がひらけて景色が…… すごい!!」

 

「でしょ 下には新道も見えるヨン 気持ちいいでしょ? 

こういうのがマウンテンバイクの愉しさのひとつだヨン」

格好つける雉に、目を細める坂道。

 

「な なんか

非常にいい経験をさせて頂いているような気がします

でも…自転車まで貸して頂いて ど どうしてそこまで親切に…」

 

「カンタンな衝動

自分の好きなもの 他人がわかってくれるの

それ嬉しいってあるでしょ」

 

「…あ」

坂道は自分の大好きな、漫画やアニメを思い出します。

そして雉は満面の笑みで親指を立てこう言いました。

 

「オレ マウンテンバイク大好きなの」

 

本領発揮!

景色はまた林の中に突入した2人。

 

「この先は路面の岩はそれほど多くないから それなりに走りやすい……だけど

斜度はめまぐるしく変化する

最後に斜度15%の『激坂』があって 距離は2km強

登りきったところに水場があるから休憩だ!」

「はい」

 

不敵な笑みを浮かべ坂道を見つめる雉。

 

「競争しない?」

 え

「え!?」

 

「このマウンテンバイクの『性能』…限界まで引き出してみたいと思わない!?

登りたい習性を全開にして!!」

 

雉は前を向き、曲がりくねった道を猛烈な加速で駆け登ります。

 

「この路面なら普段ロード乗ってるキミでも そんなハンデないと思って!!」

 

そして後ろを振り返り…

「て ごめんちゃい!! 提案急すぎた!?」

 

と言葉を吐いた瞬間、坂道が雉の隣に並びました。

「まじ!?」

うそ 真横に!?

 

!!!

 

そして雉は気づき驚愕します。

 

まじ 何その回転数(ケイデンス)!!

弱虫ペダルの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

弱虫ペダルの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

弱虫ペダル【第551話】の感想と考察

前回は驚かされてばかりの坂道でしたが、今回は雉が驚く番となりましたね。

初めて坂道がロードバイクに出会った頃を思い出しますね…

この流れ、何回見てもいいものですね!

雉は格好つけるクセがあるようですが、やはりナルシストなところがあるんでしょうか?

そして、やはり自転車乗りたるもの、競争の血が騒いでしまうのですね。

果たしてどちらが先にたどりつくのか、来週を楽しみに待ちましょう!