2019年10月10日発売の週間少年チャンピオン45号で、弱虫ペダルの第562話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月10日に発売された週間少年チャンピオン45号に掲載!

弱虫ペダル最新話!第562話のネタバレと感想!

▷前回の弱虫ペダル【第561話】のネタバレはこちら!

>>弱虫ペダルのネタバレ一覧

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\弱虫ペダルの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

圧倒的速さで独走中の吉丸

二週目に入った段階で、後続とは20秒もの差が開いていました。

しかし吉丸の勝負はまだ始まっていませんでした。

そう、山の皇帝”と呼ばれているを待っていました。

遅れて坂道の前を通過した雉。

そして次のセクションへ向かった鈴音と坂道に、耳を疑う声が飛び込んできました。

「雉が追い上げてる!!」

その差はすでに5秒まで縮んでいたのでした。

そして…

「やっと 追いついたヨン」

2人の闘いが始まります!

弱虫ペダル【第562話】のネタバレ

得意なセクション

 

「後続 2番手  雉 弓射!!」

吉丸の背を捉えた雉。

「迫ってる!!」「雉!?」

「さっきまで まだ間に5人くらい他に選手がいたぞ 

 

全員 抜いてきたのか!!」

 

ギャラリーも、その追い上げに盛り上がります。

 

その走りに呆気にとられる坂道。

 

「その差5秒!!

ギアチェンジする雉。

2秒!! 雉 ギアを上げた!!」

 

「次のひと息でならぶヨン!!」

 

後ろを振り返る吉丸。

 

「吉丸ヤバイ」 「ヤバくない!!」 「雉 すぐうしろだ」

 

「並んだ!! 秒差ゼロ!!

 

「雉くんすごいうあああ チェイサーさん!! 抜かれる!!」

 

「大丈夫!! 黙って!! お兄ちゃんは抜かれない!!

この先のセクションは お兄ちゃんが最も得意とするセクションだから!!」

 

得意なセクション!?…あるのか

マウンテンバイクにも…人によって違う それぞれの

得意分野が!!

 

「そんなに加速してどうする!! 皇帝ヤロウ」

雉を煽る吉丸。

コースは曲がりくねる荒れた道に差し掛かろうとしていました。

 

「こっから先は 木の根のはり出るコース 360度ターンを繰り返す

スピードよりバランス重視の ”超テクニカル区間”だ!!」

 

スピードよりバランス重視

 

「両者 並んだまま狭いコーナーに入る!! 並んだまま」

「テクニカル区間なのに 2人とも減速しない」

「最小限のブレーキングで 次のコーナーに突っ込む!!」

 

「うわ 肩当たってる!!」

車輪も今にも当たりそうな距離間に坂道も驚きます。

その時、

「木の根で雉がはねた!!」

 

大きく跳ね上がる雉。

 

「ほらみろはねた スピードよりバランス重視つっただろ」

 

しかし雉は余裕の表情で言いました。

 

「悪いね オレ 負けず嫌いなもんで」

 

「オイ オイ そりゃあ オレも一緒だよ!!」

 

やや吉丸がリードするも、食らいついていく雉。

「うああ すげー速度でコーナー曲がっていく 速ぇぇ!!」

「次々と難しいコーナーを抜ける 吉丸のバイクさばきが光る!!」

 

しかし雉はまだ追いついてきます。

「しつこいなオイッ!!」

「しつこいヨン」

 

「吉丸は大柄な雉に比べて こういう小回りの必要なセクションは得意なんだ」

「だが 雉も離されない!!」

「このままこのセクションの最後の ”大曲がり”に入る!!」

自転車が真横になって駆け抜ける!

 

「ガケ下って 先回りするよ!!」

「えっ うわ あ はい!!」

急こう配を難なく滑り下りる鈴音。

一方坂道は、

「よいしょ よいしょ ひゃ―――――――――――」

慎重にいったものの、結局ズルズルを滑り落ちます。

「わ~~~~~ どんくさ~~~~  急ぐ!!」

「は はいっ」

 

けど何だろう さっきからこの人…

マウンテンバイクの知識はまるでないのに”レース”の話は

すごく のみこみが早い気がする

そしてその時――――――

とても真剣な目になる

 

 

なんとか先回りした2人。

「はぁ はぁ まだお2人 ほとんど並んでる 並んだまま…

そりたった土の壁を…  え!?

 

え!?

 

ええ!?

 

曲がる……!!

 

壁を真横になって!! わあああああ

 

ぶつかりながら!!」

 

猛スピードで駆け抜けていった2人。

それは一瞬の出来事でした。

 

真横になっての……コーナリング… そんなの…

ロードレースじゃ見たことない…!!

「すごい…」

 

「よっし!! お兄ちゃんしっかり前獲った!!」

 

「さすがだヨン吉丸ちゃん 結局 今のセクションは一度も前に出してもらえなかった

楽しくなってきた じゃあこっからは

もっと”力ずくでいく”ヨン!!」

 

>>弱虫ペダルのネタバレ一覧

スポンサードリンク



弱虫ペダルの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

弱虫ペダルの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年チャンピオン1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料で弱虫ペダルを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

弱虫ペダル【第562話】の感想と考察

ロードバイクは恐ろしい速度で走りますが、マウンテンバイクは上下左右にアクロバティックな印象ですね。

これは目の前で見たら、ロードバイクとは違った迫力がありそうです。

先日オリンピックの競技場のことをテレビで放送していましたが、弱ペダを読んでいると、リアルのレースも興味深いものになりますね。

身体がぶつかり合い、漕ぐ以外にも消耗が激しい様子が、このレースの過酷さを物語っています。

あいかわらず鈴音は坂道の正体が分からぬままですが、これはゴールするまでのお預けですかね?

レース展開も気になりますが、この点も気になっています(笑)

吉丸の得意セクションを過ぎ、次は雉のターンでしょうか?

雉の得意セクションってどこなんでしょうね?

「ヨン」と言わなくなってからが本番な気がします!