2019年10月31日発売の週間少年チャンピオン48号で、弱虫ペダルの第565話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月31日に発売された週間少年チャンピオン48号に掲載!

弱虫ペダル最新話!第565話のネタバレと感想!

▷前回の弱虫ペダル【第564話】のネタバレはこちら!

>>弱虫ペダルのネタバレ一覧

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\弱虫ペダルの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

皇帝の狩りのための舞踏(カイザーシューティングダンシング)を武器に、吉丸を追い抜いた雉。

さらに差は開いていきます。

そして、坂道の目の前を通過していく雉。

見つめる坂道に気付いた雉は、余裕そうにニカっと笑い…

「あとは下りだけ 1周目は トップで帰ってくるヨン」

そう言い残し、走り去っていきました。

 

しかし、吉丸も全く落ち込んではいません。

「お兄ちゃん 皆に何て呼ばれてるか知ってる?

”ライトニングチェイサー”

チェイサーは ”追いかける”って意味よ」

追いかける男、吉丸。チェイス開始!!

弱虫ペダル【第565話】のネタバレ

チェイス!!!

 

なめんなよ!!

 

「雉につづいて吉丸も 下りセクションに入る!!」

 

「うっわ すっげぇ速度 飛ぶようにおりってった!!」

車体は地面をバウンドし、まるで落ちるかのように進んでいきます。

 

「オオオオ」

 

「怖くねぇのか この傾斜と あのスピードで

よく”あのコーナーを曲がれると思えるな”」

そこにはほぼ直角のコーナーがありました。

「マウンテンバイク乗りのダウンヒルの得意なヤツは 

スピードと恐怖心の感覚が―――

異常なのさ!! すげぇ速度ではねながら走ってく!!」

 

大きな段差にメートル単位で跳ね上がる吉丸。

衝撃も凄まじいものがあります。

 

「うああ すげぇ めちゃくちゃハネた!! ケツすべらせながら加速してった」

 

逃がすか!! 皇帝ヤロウ!! オオオ」

 

皇帝ヤロウ ナメんなよ ナメんな!!

 

「オイイイッ!!」

 

この吉丸雷音をナメんなよ!!

 

不名誉なアダ名

まだ登りのセクションにいる坂道たち。

「ライトニング… チェイサー… そういえば お会いした時に…

光を追いかけるほどの速さって意味だって」

「ま それはお兄ちゃんが言ってること 実際 世間はそう言ってない

本当は不名誉なアダ名なのよ

ライトニング―― 『雷鳴』雷音ってお兄ちゃんのこと

『ライトニングチェイサー』の本当の意味は

”『トップ』の雉を追いかける”

”2番手の男”って意味なのよ」

 

「オオオイイッ オイヤァ!!」

雉を追いかける吉丸。

 

「…………!! それって… ボクにも負けず嫌いな友達がいます

もし そんな名前でよばれたら―――」

「悔しいわ めちゃくちゃ!! でもレースは実力の世界

結果はひとつ 誰がゴールに最初にたどりついたか ただそれだけ

もともと『トップ』の称号は お兄ちゃんのものだったの」

 

ライトニングトップ

「小さい頃から負けず嫌いだった兄貴は 自転車を買ってもらうとすぐにレースごっこを始めた

友達と競い勝ち 年上に勝ち マウンテンバイクの世界にいきついた」

 

「鈴音…」

「残念だったね―――」

これは…… これは…… おもしろい!!」

 

「最初のレースはほとんど最下位だったけど その日から猛烈に練習を始めた」

 

「見てろ すぐに『トップ』になってやる」

 

「それが口ぐせだった兄貴は 私が遊んでる間も練習し 雨の中でも練習し

小学5年生の春――― 本当に『トップ』になった!!」

 

「オイ オイ オ―――イ!!」

 

「そこからは 優勝! 優勝!!

最初のは埼玉の地方の小さな大会だったけど どんどん規模の大きな大会に出て

そこでも優勝していった」

 

「小学生の部 優勝はやはりこの少年 吉丸雷音!!」

 

「そしてついに”先頭の雷音”(ライトニングトップ)ってよばれるようになった」

 

「フフ 鈴音 オレがすごいとお友達に自慢してもいいんだぞ」

「ハァ!? 自慢!? するか!!」

「はっはっはっ」

 

「中学にあがってカテゴリーが上がっても 『トップ』はあいかわらず兄貴

会場はいつでも”吉丸”コール まわりからも

このままいけば 高校で インターハイ優勝するって 言われてた」

 

「2連覇だヨン」

 

「あの雉が 中3の終わりに――― 現れるまでは!!」

 

(チェイサーさんは…… がんばって『トップ』になった人……

なのに突然……!! その座を――――――!!)

 

「けど お兄ちゃんはくさらなかった!! 前よりもっと努力をしたの!!」

 

「最初の小学生のレースを始めた頃に戻ったと 思えばいい」

 

「『見ていろすぐに』――――――

”トップに戻ってくる”って 約束してくれたんだ!!」

 

 

 

「マウンテンバイクシリーズ 奥筑波山ステージ 全6周回レース 1周目

先頭で戻ってきたのは ゼッケン1番 雉 弓射!!」

 

スタート地点へ戻ってきた坂道たち。

「雉くんが独走で先頭!! あ…… だけど……え!?」

 

「すぐうしろに2番手吉丸雷音が現れた!! 

差をつけられたはずの吉丸選手が迫っている!! トップの雉を追いかける!!」

 

振り返る雉。

「思ったより速かったね 下り」

「オイ オイ 死ぬほど練習したからな!!

インターハイの時みたいにはいかねぇぜ オイ!!

追いかけんのも悪くねぇ…………… 昔々の先頭追いかけて燃えてた頃の気持ち思い出すからな

今度こそ 返してもらうぜ『トップ』の称号!! 雉 弓射!!」

 

「……………… ヨン!!」

 

 

>>弱虫ペダルのネタバレ一覧

スポンサードリンク



弱虫ペダルの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

弱虫ペダルの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年チャンピオンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年チャンピオン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年チャンピオン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年チャンピオン1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年チャンピオン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料で弱虫ペダルを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

弱虫ペダル【第565話】の感想と考察

まだ一周目ですが、熱い展開です!!!

やはり吉丸も、かつてはトップにいたのですね。

彼の場合は天才型ではなく、練習の鬼ですね。

このような人は、逆境にも強いですよね!応援したくなります!

採点競技ではない速さを競うスポーツは、結果がそのまま反映されていいですよね。

誰しも適正があり、努力が必ずしも成功に繋がるわけではありませんが、基本的には見えない何かに左右されることがなくてスッキリしています。

吉丸は再び追いつこうとしています。

そして次は吉丸の得意とするセクションです!