新連載!ゆびさきと恋々【第1話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介しますね♪

2019年7月24日発売のデザート9月号、最新話!

ゆびさきと恋々【第1話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

\ゆびさきと恋々最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

ゆびさきと恋々【第1話】(9月号)のネタバレ

【 私(雪)の世界 】

私の世界

かわいいものと、友達、大学、SNS…

 

この物語の主人公、雪(ゆき)は1人電車に乗っていた。

そんな雪の肩をトントンと叩いた外国人の男性。

その人は道を尋ねたそうな雰囲気だったが、雪は両手でごめんなさいのポーズをつくった。

が、外国人にそのポーズが伝わるはずもなく焦る雪。

そこに大きな荷物を背負った銀色の髪をした青年が現れ、雪の代わりに外国人に道を教えてくれた。

どこかで見たことのあるその銀髪の青年は、雪の友達のりんと同じサークルの人だということを思い出しながら、雪は彼にお礼を伝えた

耳につけている補聴器を見せ、静かに、手話で。

 

銀髪の青年はずいっと身を乗り出すと、雪に口の動きが読めるかどうかを質問した。

じーーーーー…と見てくる彼の近さに、雪はタジタジになる。

…めずらしい生き物みたいに見てくる…

雪はそう思いつつ、手にしていたスマホに文章をつくり

一緒の大学です
国際サークルのりんちゃんと友達です

と伝えた。

「ふーん」と言った彼は、電車のアナウンスで次が自分の降りる駅だということに気付いた。

「俺、次で降りる。そっちは?」

さっきより読みやすく口を動かして話しかけてくれる彼。

雪がスマホでもう1つ先で降りると打つと、彼はじっとスマホを覗き込み「じゃーな」と雪の頭に一瞬手を置いて電車を降りた。

閉まるドアの向こう、ホームの彼が

「また」

と言ったのが雪にはわかった。

雪の世界は、生まれつき音が音じゃない世界

…初対面で「私」にとまどわなくて「また」なんて…

その時、雪の中から今までに感じたことのない振動が起きていた。

 

【 これは恋??憧れ?? 】

大学の講義室で雪はりんから先日の彼が、逸臣(いつおみ)さんという名前だということを教えてもらう。

りんはノートパソコンのキーボードを通常の会話のような速度で打ち込み、雪と会話をしている。

逸臣さん、よく海外にバックパッカーしてるよ

と、りんは教えてくれた。今回はカナダ帰りのようだった。

…それであの荷物…

そう思う雪の横で、りんがニヤ…と笑っている。

「雪の顔かわいい、恋?」

そう聞かれ必死に否定する雪

「じゃあ憧れかー」

そう言われ、そうかこれが憧れか…と思う雪

聞けばりんは逸臣のバイト先であるカフェバーの店長に憧れているという。

逸臣とその店長はイトコのようだ。

その憧れの店長と話すときに緊張してしまい連絡先も聞けないままだという、りん。

りんのそんな一面を知り応援の気持ちでいっぱいになった雪は、自分もまた逸臣に会ってみたいという気持ちのもと、一緒にそのカフェバーに行ってみることにした。

雪は逸臣の、りんは店長の連絡先をきくということを目標にして…。

 

【 逸臣の世界 】

カフェバーに入ると、前回遭遇した時の雰囲気とは違う逸臣がいた。

「逸臣さん、こないだ電車で雪を助けてくれてありがとー」

りんが逸臣にお礼を言ったところで、例の店長が現れた。

店長はりんと雪に挨拶をしたが、無言のままの雪を見て不思議に思ったようだった。

そんな店長に、緊張しながらも雪のことを説明するりん。

そんな一連の流れにまったく気付いていなかった雪はずっとメニューを見ていた。

が、顔を上げるとりんと店長が自分のことを話しているような様子がすぐにわかった。

その様子に少しうつむいた雪。

その時、強引なてのひらが雪の顔を覆いグイッと正面に向くように促した

「酒飲む?飲まない?」

それは逸臣のてのひらだった。

びっくりした雪がオーダーをしなくてはと焦ると、逸臣はホワイトボードを持ってきてくれた。

まだ19なのでウーロン茶お願いします

雪はホワイトボードにそう書きこんだ。

 

りんは雪に、逸臣が3ヶ国語話せることをホワイトボードで伝える。

雪は、何語が喋れるのかと書いて質問した。

逸臣は、英語とドイツ語と書いて答える。

それを見て表情が明るくなる雪。

雪が、すごい!!と拍手をすると、逸臣はサッと何かを書き足した。

中国語も少しなら

すると、が手話で相槌をうってくれた。

スペイン語も勉強中

更に逸臣が書き足すと、雪は笑顔で頑張って!の手話をした

逸臣はそんな雪の感情の表現の仕方を見て自分の知らなかった世界を感じていた

 

ふと気付くと、りんが店長と連絡先を交換しているところだった。

私も…と思う雪だったがホワイトボードに書き込んで文字にしてしまったらなんだか重いような気がして、雪は結局逸臣に連絡先を聞けないままお店を出た

外は雪が降っていた。

するとちょうどバイト上がりの逸臣が「送る」と言ってくれた。

空気を読んだりんは雪にがんばれと伝えると去ってしまう。

 

【 雪の世界が変わる鼓動 】

…となり歩いてる…

…連絡先聞くタイミング…

雪は後方からきたバイクに気付かず、逸臣に肩を引き寄せられて助けてもらう。

「あぶな…」

逸臣は、スイッと車道側にまわり突然雪の手を掴んで歩き出した

…大雑把で大きな手…

握られた雪の指先は寒くて冷たくなっていたはずなのに、もう熱くなっていた

…話せないけど…

…離さないでいてほしい…

気持ちが抑えられなくなった雪は逸臣の手を引っ張った。

そしてスマホを出し、

よかったら連絡先を教えてくれませんか

と打ち込んだ。

少し考えた逸臣は「いいよって手話でどうやんの?」と口を動かした

…いい…の…?

逸臣は雪のマネをして立てた右小指を顎にトントンと2回当てた。

雪のスマホに逸臣からメッセージが届いた。

家どっち

駅もうそこなので大丈夫です

画面から顔をあげ、顔を見合わせて無言で手を振る逸臣。

2人は互いに背を向けて歩き出した。

その時、逸臣のスマホに雪からメッセージが届いた。

質問していいですか?

何?

世界は広いですか?

すげぇ広い

雪はその返信を受け取り、逸臣から見る世界はどれくらい広いんだろうと思った。

その時、

 

俺を雪の世界に入れて

 

逸臣からメッセージが届いた。

 

…何?え…なんて返せば…

戸惑いながら振り向いた雪は、同じように振り向いた逸臣と目が合った。

雪は差していた傘を離して両手で大きなマルをつくった。

その後に恥ずかしそうに、しかし満面の笑顔で手を振る雪に、その瞬間逸臣も同じように笑顔になった。

…私の世界に何の脈絡もなく現れたこの感情のやませ方なんて、私は知りたくない…

雪はそう思っていた。

 

ゆびさきと恋々の最新話や最新刊を無料で読む方法

漫画を絵と一緒に楽しみたいなら無料期間のある電子書籍サービスがおすすめ!

単行本は未発売ですが、一般的な価格で算出しています。

U-NEXT 単行本1巻orデザート1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orデザート3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻orデザート2冊が今すぐ無料で読める

U-NEXTは登録と同時にポイントがもらえるので今すぐ無料で読めます!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ゆびさきと恋々」を今すぐ無料で読む!

ゆびさきと恋々【第1話】(9月号)の考察・感想

以上、新連載のゆびさきと恋々【第1話】(9月号)のネタバレを紹介しました!

聴覚障害のある雪世界を飛び回る逸臣のピュアラブストーリーが始まりました♡

もう早速キュンキュンの嵐でしたが…♡♡♡

この作品、テーマがテーマなだけに雪の仕草や表情にも大注目だと思います!!

何の前触れもなく雪の世界に入ってきた逸臣は、外国人との会話やスキンシップにも慣れていていろんな世界を見てきた人なんだと雪の目に映っています。

一方の逸臣の目にも、雪は新たな世界を映してくれているように思います。

逸臣と出会って雪の世界がこれからどう変わっていくのか!?

そしてそして、雪のこの感情はここから一体どう育っていくのか!?

第2話目も楽しみですね♡

次回の、ゆびさきと恋々【第2話】(10月号)掲載のデザート発売日は8月24日です!