ザ・ファブル 240話のあらすじ・ネタバレをご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月18日に発売のヤングマガジン51号、最新話!

ザ・ファブル第240話のあらすじ・ネタバレをまとめました!

▷前回のザ・ファブル【第239話】のネタバレはこちら!

>>ザ・ファブルのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ザ・ファブルの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

アキラからのプロポーズを受け入れたミサキ。

とはいえアキラの立場上、籍は入れられず事実婚となります。

太平市から旅立つことにしたアキラ。

必ず戻って来るからその時は一緒に暮らそうと二人はキスをするのでした。

海老原の事務所の面々とも挨拶し、いよいよ二人はボスが用意してくれた車で旅立ちます。

ザ・ファブル、第1部最終回です

スポンサードリンク



ザ・ファブル【第240話】のネタバレ

さよなら太平市…アキラ、ヨウコは何を思う?

ボスから支給されたキャンピングカーで、アキラ、ヨウコの2人は太平市を旅立つことにしました。

慣れ親しんだ人や場所を車窓に見ながら……。

ザ・バッファローを通り過ぎようとした時、ヨウコはまさに店に入ろうとするペ・ダイヨチャこと河合ユウキを見とがめます。

どうしようもないチャラ男であっても分かれとなると寂しいもの。ヨウコらしくない切なげな表情で、聞こえるはずもない「またね」をその背中に向かって呟くのでした……。

アキラもまた、ある路上を見て何かを思い出していました……。

そう、一見何でもない路上ですが、そこはミサキとアキラが初めて出会った場所。

ミサキがハンカチを渡してくれようとしたのがきっかけでした。

一年間という短い時間でしたが、それぞれの思い出がこの町には溶け込んでいます。

ヨウコ「別れって慣れないわね~~」

アキラ「あ――でもまた会う楽しみもある――」

アキラが前向きになったことを感じられる印象的な会話です。

ボスとアキラの会話。失格、だから「合格!」

後部座席に座るアキラは、その席でボスと行った会話を思い出します。

ボス「なんで山岡を殺らなかった?」

ボスにとって一番の疑問はそこだったようです。今までのアキラなら当然そうしていたでしょうから。

アキラ「殺るつもりで乗り込んだがその時が来るといろいろと頭をよぎった。この町で出会った人たち。自分に良くしてくれる人たち――」

それによって殺す以外の他の選択肢があるのではないか、とアキラは考えるに至ったようです。

ボス「プロ失格だな ん?」

そのボスの言葉に落ち込んだような顔のアキラ。「プロ」であることが彼の誇りですから当たり前でしょう。

しかしボスはだからこそ合格だと告げます。

ボスの真の狙い!親心

ボスは変化する社会情勢の中で、やり方を変える必要があると考えていました。

そこには殺人マシーンともいえるアキラは用無しとなります。

消すことだってできる訳ですが、ボスの情けとして一年休業を与えて、様子を見ることにしたのです。

殺しのスキルを取り上げ、一般社会に馴染めるのならそうしてやりたいと……。

先程の答えは殺しのプロとしては失格ですが一般社会人としては合格という意味だったのでしょう。

「ふつうの男」 にアキラは近づきつつあるわけです。

そしてボスは同時に、アキラに人助けを命令するのでした。

年寄りの荷物を持つことから悪徳ヤクザの組を丸ごと潰すのまでなんでもいいとか。

それによって自分も幾らか救われることを求めているボスの言葉は裏家業に生きて来た人間の重みがあります。

ちなみにアキラたちの盗聴やGPSは手に埋め込まれたチップによるものでした。

今後組織は関知することはないようです。

山岡の行動の真意は?

アキラからボスとの会話を教えてもらい、チップについて動揺するヨウコ。

ボスはともかく、組織は山岡の例もあるから信用できないというのです。

その言葉でボスとの最後のやり取りを思い出すアキラ。

彼には山岡が死にたがっているように見えました。

ボス「山岡の心情は山岡にしか分からねえ……だがどんな良い娯楽もずっとやってりゃ飽きる 恐怖なき人生にあいつはウンザリしたんだろうな……お前を知って最後の花火をあげたかったんだろう」

山岡にとってアキラとの対決が最高の娯楽だったのかもしれません……。

一週間後、太平市に残された面々は?

クロ宅を訪れる高橋。集金終わったか、と淡々というクロは全裸

風呂場で寝ている様子です。

インコも飼っており、アキラへの憧れに拍車がかかっているよう……。

 

事務所では海老原が銃を静かに箱に納めていました。ボスが言っていたように、

組もまた「やり方」が変わってきています。それがかつての抗争の引き金でもありました。

銃を納めることは新時代に対応すると言う海老原の決意なのでしょうか……。

 

オクトパスでは社長相手にアザミが味のあるイラストを披露。

ユーカリは配送から帰還しており、かつてのアキラの仕事を2人で分担しているような形です。

その様子に彼らのかつての顔はとても感じられません。

ミサキはそんな新・オクトパスの様子をアキラに伝えます。

借金が返済できたことと結婚のことをお母さんにも報告したのだとか。

ちなみに痴漢も撃退できるようになり、ミサキは心身強くなっています!

場所は変わっても最強の兄妹!

ミサキからの報告メールに思わず口元が緩むアキラ。

そこにヨウコが幼虫の素揚げを持ってきます。

どうやらレイプ魔を捉えるため山に籠っているよう。

丁度やってきた車に怪しさを覚えたアキラは、プロの顔になり「人助け」へと向かうのでした!

第1部完

>>ザ・ファブルのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ザ・ファブルの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ザ・ファブルの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングマガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT ヤングマガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングマガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp ヤングマガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本1巻orヤングマガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメや映画なども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\ひかりTVブックなら今すぐ読める/

ザ・ファブル【第240話】の見所と感想!

とうとう最終話でしたね!
ボスの親心が感じられてグッとくるものがありました。
アキラ達もそうですが、我々読者としても街並みを見ると様々な思い出がよぎって寂しくなりますね。
第2部は来年夏ということで今から待ちきれません!
ヨウコが言ったようにボスはともかく組織が何をするかはわかりません。
ボスが殺され、チップを悪用される可能性もあるのです。
もしかしたらそれが第2部の発端かもしれません……。
ともあれ今はこの平和な日々を噛みしめたいと思います!
単行本は20巻が12月6日、21巻が来年3月、22巻が来年6月とのことでした!
最終22巻が発売時に何か情報があるかもしれませんね!
では、また第2部でお会いしましょう!