絶対可憐チルドレンの第547話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月24日発売の週刊少年サンデー34号、最新話!

絶対可憐チルドレン【第547話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年サンデーの33号を無料で購入できますよ。

\絶対可憐チルドレンの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

絶対可憐チルドレン【第547話】のネタバレ

【松風の思いは皆本に届くか……?】

皆本とドロシーの策略にハマり、無力化された紫穂。

とはいえ勝負がすんだらどっちが勝っても返してあげる、と腕組みをしながら余裕の表情で告げるドロシー。

「だから――安心して私にボコられなさい!

一転、鋭い目つきで念動力を手のひらに集中させる……!

ドロシーと、その背後にいる皆本を見据えて同じく力を集中させる薫――。

 

が、そこに松風が割って入る。

松風は皆本に提案する。松風たちの目的は皆本の奪還。皆本の目的はドロシーのチルドレンに対する有用性の証明である。

であるならば、必ずしもこの戦いは必要ない。この二つは両立できるのだと。

パンドラとウィザードの間で協定を結び、チルドレンとドロシーは模擬戦をすればよい。

ウィザードの面々はカタストロフィ号に来ればよいのだと。

 

「悪くない提案だ。だが――同意できない

拒絶する皆本。あくまでも自分たちはチルドレンの「天敵」になる必要があり、なれ合う訳にはいかないのだと。

ちなみにこの会話、薫とドロシーがそれぞれ持たされた電話をスピーカーモードにしてお互いに突きつけた状態で行われている。

実にシュールな絵面である。

「「こいつら……直接電話すればいいんじゃ……」」

薫とドロシーの意見が(心の声だが)一致した瞬間である。

が、交渉は決裂。皆本はドロシーにスピーカーオフを指示する。

戦闘開始である。

二人の規格外のエスパー、薫とドロシーがついにお互いに向かってガチンコで突撃する――!

一方、松風は交渉決裂に至った理由に思い至っていた。皆本は今未来への不安に支配されている。

薫が勝てば「破壊の女王」への懸念が消えない。ドロシーが勝てば植え付けられた信念が強化されてしまう。

即ち勝っても負けても皆本は取り戻せないのである。

そのことが分かっても、自分では皆本を丸め込めない。時間が稼げないと焦る松風。

そこへ一つの通信が入る。

 

「わかった。任せろ」

薫とドロシーがまさに激突しようとしたその時、突如猛スピードで現れ、二人の間に割って入ったのは――

「「兵部――京介!!」」

パンドラの首魁、兵部京介。戦闘機を片付け、「女王」たる薫のもとにはせ参じた兵部はその軽口とは裏腹に、一つの目的があるようである。

「時間を稼ぐ」という目的が。

 

(皆本のことなら――僕の方がよーく知ってる

罪なき関係のない人々が巻き込まれる可能性を意地悪くドロシーに、皆本に伝える兵部。皆本の良心が狙い通り消耗していく。

だが仲間たちは兵部の限界が近づいていることを感じていた……。

絶対可憐チルドレンの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

絶対可憐チルドレンの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年サンデーは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年サンデー2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年サンデー5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年サンデー3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「絶対可憐チルドレン」を今すぐ無料で読む!

絶対可憐チルドレン【第547話】考察・感想

絶対可憐チルドレン【第547話】のネタバレを紹介しました!

 

前号の引きから薫&松風VSドロシー&皆本の全面対決勃発!!と思いましたが、兵部京介がそこに割って入りましたね!

 

兵部京介と言えばスピンオフが作られるほどの人気があり、物語でも一、二を争う重要人物。このところ大人しくしていましたがやはり登場すると一気に盛り上がりますね!

絵的にもまさに正面衝突しようとした薫とドロシーの間に割って入り、相殺して涼しい顔でいる兵部の姿はめちゃくちゃ格好良かったですね……!

それだけにそこから一転、ドロシーと、皆本を煽りにかかる表情のギャップがまた面白すぎました。

けれどこの部分、一見ギャグなんですが、容れない皆本のことをこのメンバーの中では兵部が一番理解しているというグッとくるシーンでもありましたね。

長期連載の積み重ねの強さを感じられる展開でもありました!

 

本来の未来では「黒い幽霊」に解剖されるという衝撃的な最期を遂げている兵部。この世界線でも、どうやらその「終わり」は近づいてきているようです。

無理矢理超能力で延命している、というのは初期から何度も言及されていますからね。

 

兵部の最期はどうなるのか。それが薫やドロシー、皆本や松風にどう影響するのか

来週も目が離せません!